top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大谷翔平、今季18号の120メートル弾はライト席上段に到達!ファンも仰天「控えめに言って神」「格が違いすぎる」

ABEMA TIMES

【MLB】アストロズ-エンゼルス(7月1日・日本時間2日/ヒューストン)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・DH」で先発出場し、初回の第1打席からいきなり目の覚めるような特大の18号先制アーチを放ち、ファンを驚かせている。

【動画】大谷翔平、今季18号は豪快120メートル弾

 1回表エンゼルスの攻撃は、アストロズ先発・ハビエルに対し、1番・ウォード、2番・トラウトと連続三振に倒れ、簡単に2アウトを奪われると、2死走者なしの場面で打席に立ったのは大谷。その大谷に対してハビエルは、それまでのストレート主体の組み立てから一転、チェンジアップを交えた慎重な配球で様子を見るも、フルカウントからの6球目、内角低めに投じたスライダーを大谷は見逃さず、救い上げるように鋭く振りぬくと、打った瞬間にそれとわかるライトスタンド上段への特大の第18号アーチに。豪快な一打で貴重な先制点をもたらした。

 こうした大谷の一撃に、解説の五十嵐亮太氏は「見事ですね。チェンジアップあれだけ見せられて、まっすぐで来るかと思って最後スライダーですからね。これを上手く肘を畳んで綺麗に打ち返しましたね。見事ですね。」と、豪快な一撃でありながらも技アリの一発であったことを称賛。視聴者からも「控えめに言って神」「やーーーば」「格が違いすぎる」「飛ばし過ぎ」「神ってきたな」「天才すぎ」「やば谷」といった様々な反響が寄せられることとなった。
(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル