top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『シャザム!』ザッカリー・リーヴァイ、メンタル問題と闘ってきたことを告白

クランクイン!

『シャザム!』ザッカリー・リーヴァイ、メンタル問題と闘ってきたことを告白

 DCコミックのヒーロー映画『シャザム!』や、スパイアクションドラマ『CHUCK/チャック』など、コミカルな役柄を演じてきたザッカリー・リーヴァイ。これまでメンタル問題を抱えてきたことを告白した。

 JustJaredによると、初の回顧録『Radical Love: Learning to Accept Yourself and Others(原題)』の発売を記念して、People誌のインタビューに登場したザッカリーが明かしたもの。

 「はたから見ると『こいつはすごい。テレビで主役を張ったし、ブロードウェイでも、あれでも、これでも…色んな項目にチェックが入っている』と思われるかもしれない」と話すザッカリー。しかし俳優として成功した影で、内なる闇と闘っていたそうだ。

 「現実を正しく見ることができなかった。陰々滅々として将来に全く希望が持てず、抜け出す方法もわからなかった」と告白する。

 ザッカリーの苦難は子どもの頃にさかのぼり、母親から虐待され、オタクっぽいと執拗ないじめにもあってきた。そして大人になると、彼はセックスやドラッグ、アルコールで気を紛らわせたという。

 転機が訪れたのは37歳の時。3週間のセラピーを受け、人生が変わったという。「本当は、僕らみんなが混乱しているということ。だけど修復できないほど壊れているわけじゃない。みんなやらなければならない癒しがあるということなんだ」と話す。

 今でも対処している最中だが、自分の脆(もろ)い部分をシェアすることで、今までにない希望を感じているそうだ。「これ以上癒しが必要ではないという意味ではない。もう苦しまず、セラピーが必要になるということはない、という訳でもない。だけど、暗闇と闘ってきた今、人生は生きて闘う価値のあるものだとわかっている」と、力強いメッセージを送っている。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル