top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

二軍で圧巻のヒット量産! 高卒ルーキー、鈴木一朗の快進撃【プロ野球回顧録】

週刊ベースボールONLINE

将来の首位打者候補の声



高卒1年目、92年のジュニアオールスターではMVPを獲得した

 1992年はスーパースター、イチローが、まだ鈴木一朗で、しかもルーキーだった時代だ。一軍では40試合出場に終わったが、二軍ではすさまじい勢いでヒットを量産していた。

 愛工大名電高時代は2度甲子園に出場。三番・レフトの2年生夏は天理高に1回戦負け、エースで四番の大黒柱として出場した3年春のセンバツも1回戦で松商学園高の前に2対3と惜敗。夏は愛知大会決勝で涙をのんだ。

 ドラフトでは投手ではなく打者としての能力に注目した三輪田勝利スカウトが強く推し、オリックスがドラフト4位で指名し入団。愛工大名電高の中村豪監督も「鈴木は篠塚二世になれると思います」と話していた。篠塚和典、巨人の誇るヒットメーカーである。なお、この年の4位は、阪神が桧山進次郎、近鉄が中村紀洋、広島が金本知憲とのちの主力選手を指名している。

 高い打撃センスは春季キャンプから話題に挙がり、「将来の首位打者候補」と評価する球団関係者もいた。土井正三監督も「鈴木っていいらしいね」と話し、自ら二軍キャンプに足を運び視察をしている。

 細身の体もあり、1年は体づくりと育成方針が決まったが、ファームで当初、4割台の打率をキープ。足の速さもあって「福本豊二世」とオリックスの前身・阪急に在籍した世界の盗塁王に例える声もあった。本人は「僕なんてまだまだです。上の投手にかかれば通用しないでしょう」と初々しく話していたが、根来広光二軍監督は「打撃は素晴らしい。力がついて引っ張れるようになれば長打も出るはず」と絶賛していた。

 7月10日、ウエスタンの試合を終えると、そのまま一軍の遠征先である博多に移動し、翌11日に出場選手登録をされた。この年に高卒新人ではヤクルトの石井一久、近鉄の中村に続き、3人目となる。同日のダイエー戦で負傷した村上信一に代わりに一軍初出場。2打席凡退に終わったが、土井監督は12日の同カードで九番・レフトとしてスタメン起用。5回の第2打席で木村恵一からライト前にプロ初安打を放った。試合後、「打ったのはスライダーです。緊張はしてましたけど、打席に入ったらそうでもなかったですね」と笑顔。ネット裏では父・宣之さんも応援していた。

代打で決勝アーチ


 7月17日にはジュニアオールスター(東京ドーム)にも出場。代打で決勝アーチを放ち、MVPに選ばれた。以下はそのあと、合宿所で週刊ベースボールでインタビューしたときのものだ。聞き手は女子アナウンサーの須田珠理さん。

──8回表に代打のときはピッチャーが有働克也さん(大洋)。どのような気持ちで打席に。

「とりあえず塁に出ようと考えていました。僕は内野安打が多いので、三遊間に転がしたいと思っていました」

──それがなんとホームラン。打てそうだなと思っていたんですか。

「いいえ。相手は一軍の投手ですから。でも、名前が知られた投手だったんで、有働さんや石井君(一久。ヤクルト)はぜひ勝負したいと思っていたんです」

──オリックス勢では田口壮選手だけ賞をもらえなかった。田口さんとはよく話をするそうですね。

「試合前、どっちがMVPでも100万円は山分けするという約束だったんです。それで『50万は田口さんに』って言ったんですけど……」

──田口さんはなんて。

「『いらんわ』って(笑)」

──翌日の新聞では、すごく大きく写真や記事が載っていましたよね。

「電車の中で、横にいる人がその新聞を読んでいるのを見て、なんか変な感じでした。照れくさいですね(笑)。全国版の新聞に載ったのは初めてでしたし……」

──プロ野球の選手になりたいと思ったのは。

「小学3年くらいかな。中日の小松辰雄さんや巨人の篠塚さんにあこがれてました」

──愛工大名電時代には130個以上も盗塁を記録したそうですね。

「足が特別速いわけではなくて、ずるいんですよ(笑)」

──どういう意味で。

「口ではうまく言い表せないんですが、投手の“雰囲気”をつかむのが得意なんです。ジュニア・オールスターのときも、相手バッテリーが無警戒だなって分かりましたから(9回表に二盗)」

──三盗にもトライしましたが、バッターがファウル。

「本当はあの三盗を決めたかったんです。僕は三盗のほうが得意なんですよ。二盗のような際どいセーフにはならずに、スライディングしなくても悠々セーフになる、びっくりするような盗塁が決まるから面白いんです」

──そのとき塁に出たのはクリーンなセンター前でした。

「あんなの珍しいんです。もっとボテボテの汚い内野安打ばかりなのに(笑)」

イメージトレは欠かさない


──いまチームの練習メニューとは別に、必ずやっていることは何かありますか。

「イメージトレーニングですね。これはもうふだん歯を磨いているときなんかでもやっています」

──いつも野球のことで頭がいっぱいなんですね。

「ええ、こういう球が来たら、こういうふうに打って……と、いい感じを頭に描くようにしています」

──6月に一軍を経験しましたが、ベテランがずらりと並び落ち着かないんじゃないですか。

「最初にあいさつに行ったときはさすがに緊張しました」

──先輩の皆さんは声を掛けてくれましたか。

「ええ、頑張れって言ってくれます。最初に顔を合わせたのは、なんと松永浩美さんでした」

──何かアドバイスは。

「口をきいてもらうことなんかないですよ。あれだけの方ですから。なかなか僕なんかからは……」

──後半戦はどんな気持ちで試合に臨みますか。

「塁に出たら走る! という気持ちでいたいですね。数字的な目標はまだありませんが、とにかくチームの勝利に貢献できるよう頑張ります」

──では、最後に将来の夢を力強く。

「首位打者と盗塁王の2つのタイトルを獲りたいです!」

 後半戦は「ファンの皆さんに顔と名前を覚えてほしい」と話していた鈴木だが、1年目は一軍では40試合で打率.253、本塁打はなしに終わった。

 ただ、ウエスタンでは238打数87安打、打率.366で首位打者。オフには「ビッグホープ賞」にも輝いている。ちなみに、この年、二軍では16試合連続安打で閉幕しているが、打率.371だった翌年のウエスタンでは開幕から30試合連続安打。つまり46試合連続安打を放っていたことになる。

写真=BBM

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル