top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

中田翔、長野久義、西純也、京田陽太…セ・リーグ6球団 真夏の「大逆襲」を期待したい選手は?

週刊ベースボールONLINE

ペナントレースは早くも70試合以上を経過して、真夏の戦いに突入している。今季、ここまで本来の成績を残せていないが、終盤戦に向けて真価を発揮してもらいたい選手は誰か。セ・リーグ6球団で真夏の「大逆襲」を期待したい男たちをピックアップする
※記録は7月1日現在

読売ジャイアンツ



巨人・中田翔

 昨季は日本ハムからの電撃移籍後も不振から抜け出すことができず、巻き返しを誓ってのシーズンインだった中田翔。五番・一塁で開幕スタメンを飾ったものの首痛もあって4月下旬に登録抹消となると、5月上旬に復帰するも状態は上がらず、6月に入って2度目の抹消で再調整を施した。この間に電撃訪問した長嶋茂雄氏に直接、打撃指導を受け「気にかけていただき、ありがたい」とねじを巻き直した。交流戦明けから再び一軍に合流すると、少ないチャンスで打棒を発揮し、守備に就けば軽快な動きを見せている。一塁はブレークの兆しを見せる22歳の増田陸がファーストチョイスとなっているが、実績十分の大砲のバットが火を噴けば、打線の厚みはさらに増すはずだ。

東京ヤクルトスワローズ



ヤクルト・青木宣親

 投打ともに充実の体制で快進撃が続くヤクルトだが、その中で苦しんでいるのが40歳のベテラン・青木宣親だ。開幕スタメンから4月、6月と先発出場を重ねたが快音はなかなか響かず。交流戦では1カード目の日本ハム3連戦(神宮)に出場したのみで、ついには6月1日にコンディション不良で今季初めて出場選手登録を抹消された。それでも、ファームで3試合に出場し調整を終えると、リーグ戦再開後に再昇格。6月26日の巨人戦(神宮)では今季初の猛打賞を記録するなど、出場7試合で21打数8安打、打率.381と本来のバッティングが戻りつつある。精神的支柱である青木の一打は、チームにさらなる勢いを増す。連覇に向けて、この男の復調は欠かせない。

広島東洋カープ



広島・長野久義

 首位・ヤクルトとの差を少しでも縮めるために、厳しい夏の戦いはこれまで以上に総力戦で挑むことになる。やりくりが苦しい中継ぎ陣を救うためにも、攻撃陣が1点でも多く取る。スタメンはもちろん、代打陣にも奮起を期待したい。特にベテランの2人が勝負強さを発揮すれば、チームの士気は上がり、相手バッテリーからしたら厄介この上ない。代打起用一番手の松山竜平は、ここまでの代打成績26打数5安打の打率.192で4打点。二番手の長野久義は19打数4安打の打率.211、3打点だ。長野は6月28日に出場選手登録を抹消。ただ、これもベテランの復調を願ってのこと。佐々岡真司監督は「必要な選手なので、打席を増やして調子を取り戻してほしい」と語る。まだまだ若い選手に負けてはいられない。今こそチームのために、意地を見せるときだ。

阪神タイガース



阪神・西純矢

 次のチャンスでは絶対にその座を逃さない。6月27日に一軍の先発ローテーションの一角を担い始めた西純矢が登録抹消となった。5月に昇格し先発ローテに入った。5月18日のヤクルト戦(神宮)では8対1で完投勝利を収めた。その後も交流戦ではいい投球内容を示していた。しかし、リーグ戦再開となってから2試合で5回を投げ切れず降板。6月19日のDeNA戦(甲子園)では自らのバットでの活躍もあり2回に3点を先制も、その次のイニングで3失点と課題を残した。首脳陣はリフレッシュのためにという位置付けで抹消。この経験を糧に、次の昇格後は真の先発ローテ投手になるつもりだ。

横浜DeNAベイスターズ



DeNA・桑原将志

 今季、リードオフマンとして打線の推進力として期待されながら、まさかの大不振。4月は打率.194、5月が.188と低迷した桑原将志は、打順を降格、スタメンを外れる試合もあった。しかし、不屈のガッツマンはチーム一の練習量ではい上がってきた。6月は打率.333と復調すると30日の阪神戦(横浜)では約1カ月ぶりに一番に返り咲き、7月1日のヤクルト戦(神宮)では2安打。もともとは暑さとともに調子を上げる男である。昨年も6月から8月は打率.346と打ちまくった。桑原がベイスターズ逆襲の旗手となる。

中日ドラゴンズ



中日・京田陽太

「戦う顔をしていない。二軍でやり直してこい」と指揮官に告げられ、試合中に横浜から名古屋へ強制送還させられたのは5月上旬のこと。開幕から遊撃を守り続けてたものの深刻な打撃不振に加え、得意の守備でも精彩を欠くようになった。プロ5年目にして初の二軍降格を味わったのは1年前のこと。同じ悔しさは二度と味わいたくないと誓ったが……。ファームで若竜たちと汗を流し、交流戦明けのリーグ戦再開から再び一軍に合流。まだ完全復活したとは言えないが、これからチームが浮上していくためには守備の要とも言うべき遊撃は京田で固定していきたいところ。とにかく打撃の調子を上げ、出塁率を高めたい。背番号1の快音をファンは待っている。

写真=BBM

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル