top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

柳田悠岐、杉本裕太郎、森友哉…パ・リーグ6球団 真夏の「大逆襲」を期待したい選手は?

週刊ベースボールONLINE

ペナントレースは早くも70試合以上を経過して、真夏の戦いに突入している。今季、ここまで本来の成績を残せていないが、終盤戦に向けて真価を発揮してもらいたい選手は誰か。パ・リーグ6球団で真夏の「大逆襲」を期待したい男たちをピックアップする
※記録は7月1日現在

福岡ソフトバンクホークス



ソフトバンク・柳田悠岐

 首位に立ちながらも、新型コロナ感染者を多数抱え、苦しい状況が続く。緊急事態をチーム一丸で乗り越えるためにも必要なのはけん引者。その役割はやはりキャプテンで主砲の柳田悠岐が担うべきだろう。今季は開幕からなかなか思うような打撃ができずにいる。一時的に長打が出て本領発揮かと思われたら、またスランプに。特に交流戦は、打率.226、本塁打はゼロに終わった。首脳陣もただならぬ雰囲気を感じてはいるが、ただただ主砲の力を信じて待つしかない。2018年、21年は7月からガラリと変わって爆発力を見せた。頼れる男のひと振りが今季も、チームのこの嫌な雰囲気を一掃する。

オリックス・バファローズ



オリックス・杉本裕太郎

 好不調を繰り返す男の“完全復活”がチーム浮上に欠かせない。開幕四番でスタートした昨季の本塁打王・杉本裕太郎だったが、バットが湿って打順降格。4月末には新型コロナの陽性反応が出て離脱を余儀なくされ、ファームで再調整して一軍へ。すると、交流戦から快音が響き、セ・リーグ6球団を相手にした18試合で12球団トップの打率.391をマーク。徐々に本塁打も飛び出し、再び四番に戻った。が、6月22日の第4打席から22打席連続無安打と再びバットが湿って五番に。吉田正尚との強打者コンビが打線をけん引しなくては、得点力は安定して上がらない。先発、救援ともも投手陣が奮闘しているだけに、主砲の逆襲がリーグ連覇を手繰り寄せる。

埼玉西武ライオンズ



西武・森友哉

 貯金生活に突入し、上り調子の西武でさらに力を発揮してもらいたいのは森友哉だ。今季は開幕直後の4月上旬、ロッカーでマスクを投げつけて右手人さし指骨折の大失態。約2カ月の戦線離脱とチームに迷惑をかけた。復帰後も打撃が上向かず、打率1割台と勝利に貢献できない日々。苦悩は続いたが、6月29日の日本ハム戦(ベルーナ)では本塁打が出ればサイクル安打の3安打3打点の活躍で5対2の勝利に貢献した。最後の打席も「レフト前を狙っていました」。本塁打を意識して打撃を崩さないように細心の注意を払う姿があった。守っても12球団No.1の投手陣を懸命にリード。攻守に躍動感が戻ってきた背番号10が、さらに上昇気流を描いていけばチームも一気にパの主役へと躍り出る可能性は高い。

千葉ロッテマリーンズ



ロッテ・小島和哉

 好投、粘投しながら、ここまで11試合に登板して1勝6敗と勝ち星に恵まれないのが小島和哉だ。開幕直後から登板予定日に雨天試合中止もあるなど、不運の面もある中で、クオリティースタートは8度としっかりゲームメーク。打線の援護もなく、勝負どころの失点も重なり、初勝利を手にしたのは、10度目の登板となった6月10日のDeNAとの交流戦(ZOZOマリン)だった。昨季、2ケタ10勝を挙げ、左腕エースとして大きな期待を寄せられ、今季から背番号は14に。佐々木朗希が驚異的な投球を見せているものの、フルシーズンを投げ抜くのは、今季が初。さらに石川歩が故障離脱と、1年間先発ローテーションを守った経験がある投手は少ないだけに、後半戦は小島に寄せられる期待は増していく。

東北楽天ゴールデンイーグルス



楽天・鈴木大地

 ここまでは打率2割台前半で、一時は1割台に低迷することもあった。春季キャンプ直前に新型コロナウイルスに感染し、復帰後も二軍での調整が続いた。開幕には何とか間に合わせたが、調整遅れが歯車を狂わせたのだろう。6月28日のオリックス戦(ほっと神戸)では9回に3点差に突き放す価値ある2号ソロを放ったが、これが実に6月2日以来の打点。ベンチを盛り上げる欠かせぬムードメーカーだけに、自身の調子を上げ、チームの課題となっている夏場以降の戦いをけん引したいところだ。

北海道日本ハムファイターズ



日本ハム・堀瑞輝

 昨季の最優秀中継ぎ投手・堀瑞輝の調子がなかなか上がってこない。ここまで26試合に登板して10ホールド、防御率5.56。昨シーズンは6月までに17ホールド(19HP)をマークし、7月以降は22ホールド(23HP)、最終的には60試合登板で42HPを挙げ初タイトルを受賞した。今季は軸となる堀の不調で安定しないリリーフ陣が最下位低迷の一因にもなっている。6月9日には出場選手登録を抹消されたが、「表情を見たらすごく切り替えられていた」とBIGBOSSは引き続き勝ちパターンのセットアッパーとして起用。21日に再昇格後の3試合は被安打0の無失点に抑えている。球団はリリーフ左腕として新外国人コナー・メネズの獲得を発表したが、実績ある堀の奮起がチーム浮上には欠かせない。

写真=BBM

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル