top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「製作費20億円」木村拓哉・綾瀬はるか共演映画「時代モノ」が孕む大赤字の危うさ

アサ芸プラス

 東映70周年記念映画「THE LEGEND & BUTTERFLY」(23年1月27日公開)の企画発表会見が6月21日に行われ、織田信長役の主演・木村拓哉とその妻・濃姫役の綾瀬はるかが出席した。

 木村と綾瀬は3度目の共演で、夫婦役は初。脚本は「コンフィデンスマンJP」シリーズの古沢良太氏、監督は「るろうに剣心」シリーズの大友啓史氏が担当。信長と正室・濃姫の知られざる夫婦愛を描くオリジナル作品で、タイトルの「LEGEND」は信長、「BUTTERFLY」は帰蝶とも呼ばれた濃姫を指すという。

 総製作費は20億円で、東映の手塚治社長も「稟議の判をつくとき、少し手が震えました」と述べたほどだが、いかにヒットメーカーを揃えたとはいえ、果たして元は取れるのだろうか。

「目安は製作費の2~3倍と言われるので、今回は40~60億円の興行収入を得なければ赤字ということになります」

 と話すのはエンタメ誌ライターだ。さらに続けて、

広告の後にも続きます

「キムタク主演の映画だと、2021年『マスカレード・ナイト』が興収38.1億円、19年の『マスカレード・ホテル』が46.4億円。さらに15年『HERO』が46.7億円、2007年の『HERO』が81.5億円、06年の『武士の一分』が41.1億円で、これらと同レベルであれば合格点と言えます。ただ、時代モノは『武士の一分』が成功している一方、17年の『無限の住人』では9.6億円とイマイチで、今回の製作費に当てはめると完全に赤字に陥ります」

 木村は主演ドラマ「未来への10カウント」(テレビ朝日系)が大コケしたばかり。さて映画の方はどうなるか。

(鈴木十朗)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル