top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

世界で活躍するプロの映画監督を送り出してきた ぴあフィルムフェスティバル「PFFアワード2022」入選16作品を発表!!

cinefil

3月から約3か月に及ぶ審査を経て決定した、「PFFアワード2022」の入選作品が発表となりました。入選作品は、「第44回ぴあフィルムフェスティバル2022」9月の東京会場で2回、11月の京都会場で1回のスクリーン上映を行います。また今年も、DOKUSO映画館、U-NEXTで配信を行う予定です。

グランプリなどの各賞は、9月22日(木)に行われる表彰式にて、最終審査員らにより発表されます。

「PFFアワード」は、1977年にスタートした世界最大の自主映画のコンペティションです。
世界で活躍する黒沢清、塚本晋也、佐藤信介、李相日、荻上直子、石井裕也など、これまでに170名を超えるプロの映画監督を送り出してきました。

520本の応募作品の中から、今年は16作品が入選しました。

入選作品紹介

広告の後にも続きます

『アクト』
78分 監督:田中 夢(38歳/千葉県出身/俳優・立教大学 映像身体学科卒)

『石川君、行け!!』
80分 監督:高階 匠(32歳/東京都出身/映像制作会社勤務)

『彼は誰時(かわたれどき)』
15分 監督:谷本桃子(21歳/青森県出身/名古屋学芸大学 メディア造形学部映像メディア学科)

『暮れる』
52分 監督:竹田優哉(25歳/広島県出身/神戸大学大学院 国際文化学研究科)

『J005311』
93分 監督:河野宏紀(26歳/神奈川県出身/フリーター)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル