top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『エルヴィス』オースティン・バトラーって誰?ヴァネッサ・ハジェンズと9年交際、プレスリーのような歌声【特集】

フロントロウ

映画『エルヴィス』で主演を務めるオースティン・バトラーを大特集!(フロントロウ編集部)

『エルヴィス』の主演にオースティン・バトラーが抜擢

 “キング・オブ・ロックンロール”と呼ばれ、“史上最も成功したソロアーティスト”としてギネスに認定されているエルヴィス・プレスリーの生涯を、『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督が映画化!

 誰もが一度は耳にしたことがある音楽がスクリーンを彩る映画『エルヴィス』。実在した大スターであるエルヴィスを演じる主演俳優が抱えるプレッシャーは大きいが、ラーマン監督が見つけ出したのが、オースティン・バトラーだった。

 見染められた期待の俳優オースティンって、一体どんな人?

10代でセレーナ・ゴメスやマイリー・サイラスと共演

広告の後にも続きます

 1991年生まれのオースティンは、今年で31歳。代表作となるのは『エルヴィス』と言えるが、これまでも多くの有名作品に出演してきた経歴を持つ。

 10代の頃には、『ハンナ・モンタナ』や『iCarly』、『ウェイバリー通りのウィザードたち』といった大ヒットドラマに出演。『ウェイバリー通りのウィザードたち』の主演であるセレーナ・ゴメスとオースティンはプライベートでも親しく、2012年には当時の恋人であるヴァネッサ・ハジェンズやアシュリー・ベンソンらとともに、イタリアのベネチアを観光していたことも。

 最近では、クエンティン・タランティーノ監督による映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』に参加。2023年に公開予定の映画『DUNE/デューン 砂の惑星』の続編では、主要キャラクターであるフェイド・ラウサを演じると見られている。フェイド・ラウサは、1984年の映画『デューン/砂の惑星』でシンガーのスティングが演じたカリスマ的キャラクターであり、実在したエルヴィスを演じるという大仕事をやりきったオースティンが、今度はカリスマ性に溢れるスティングが演じたフェイド・ラウサをどう演じるのかに注目が集まる。

エルヴィス・プレスリーを歌声まで真似しきった実力

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル