top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

松本まりか、息子から「どうして、僕を生んだの?」と言われる母親姿 「ぜんぶ、ボクのせい」本編映像

映画スクエア

 8月11日より劇場公開される、自主制作映画「NOISEノイズ」などで知られる松本優作監督の最新作「ぜんぶ、ボクのせい」から、母親・梨花(松本まりか)が、息子・優太(白鳥晴都)に重い言葉をぶつけられるシーンの本編映像が公開された。

 児童養護施設から飛び出した主人公の優太(白鳥晴都)は、母親の梨花(松本まりか)を訪ね、久しぶりの母との時間に安堵する。だが、梨花と一緒に暮らしている男の山﨑(若葉竜也)が現れると、梨花は母親の表情から一変。優太そっちのけの、山﨑との自堕落な生活が明らかになっていく。

 公開された本編映像は、そんな3人が、カップ焼きそばで食事をしているシーンから始まる。なかなか箸の進まない優太に「優太、梨花を困らせちゃだめだぞ」と声をかける山﨑。すると優太は、山﨑に襲いかかって手首に噛みつく。それを見た梨花は、優太ではなく山﨑の元に近寄って「ごめんね」と謝る。そこに鳴るインターホンの音。優太が出ると、そこには児童養護施設の職員・宮本(木竜麻生)の姿があった。優太は「嫌だ、帰りたくない」と梨花にすがるが、梨花は「ごめんね、優太」と何度も突き放す。絶望した優太は、涙を流しながら「どうして、僕を生んだの?」と言葉をぶつける。

 「ぜんぶ、ボクのせい」は、孤独を抱えた3人の絆と1人の少年の成長を描いた作品。児童養護施設で母の迎えを待つ優太は、母の居場所を知る。施設を抜け出して母の元に向かった優太だったが、そこにいたのは同居する男に依存して自堕落な生活を送っている母の姿だった。絶望した優太は軽トラで暮らすホームレスの男・坂本と出会い、2人はわずかな金銭を稼ぎながら寝食をともにする。そして2人は、裕福な家庭に育つものの家にも学校にも居場所がない少女・詩織とも顔見知りとなる。優太は、自分と同じ寂しさを抱えながらも心優しい詩織に惹かれていく。

 優太役で主演を務めるのは、オーディションで選ばれた新人の白鳥晴都。オダギリジョー監督「ある船頭の話」でヒロインに抜擢された川島鈴遥が、ヒロインの詩織を演じる。また、オダギリジョーが軽トラで暮らすホームレスの坂本を演じるほか、若葉竜也、仲野太賀、片岡礼子、木竜麻生、駿河太郎が顔をそろえる。監督は、2019年の秋葉原無差別殺傷事件をモチーフに、絶望の中に生きる若者たちと大人たちの姿を描いた「NOISEノイズ」などで知られる、松本優作が務めている。

広告の後にも続きます

【作品情報】
ぜんぶ、ボクのせい
2022年8月11日(木・祝)より新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開
配給:ビターズ・エンド
© 2022『ぜんぶ、ボクのせい』製作委員会

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル