top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ラツィオが2人の若手逸材確保! シャフタールMF&20歳の伊代表FW

超ワールドサッカー

ラツィオが2人の若手逸材確保! シャフタールMF&20歳の伊代表FW

ラツィオが若手2選手の獲得を発表した。

ラツィオは1日、シャフタール・ドネツクからブラジル人MFマルコス・アントニオ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。

母国のアトレチコ・パラナエンセのアカデミー出身であるアントニオは、166cmと小柄ながらも、広い視野と精密なパスを武器に、ブラジルの各年代別代表にも選ばれていた実力者。ポルトガルのエストリル・プライアで2018年にプロデビューを果たすと、2019年2月にはウクライナのシャフタールへと移籍した。

シャフタールでも主力として活躍を続け、2021-22シーズンも公式戦28試合に出場して3ゴール1アシストという成績を残していたが、今年2月にロシアによるウクライナ侵攻が開始。国内リーグが中断され、母国への帰国を強いられていた。

また、ラツィオはアントニオ獲得の前日にエラス・ヴェローナからイタリア代表FWマッテオ・カンチェッリエーリ(20)を1年間のレンタル移籍で獲得。今回の契約にはスポーツ面で設定した条件を達成した場合、買い取り義務が発生する条項が盛り込まれている。

ローマ生まれでラツィオの宿敵ローマのプリマヴェーラに在籍したカンチェッリエーリは、昨夏にヴェローナへ完全移籍で加入。ヴェローナのトップチームでは、2021-22シーズンの公式戦14試合2ゴール1アシストの数字に留まった。

だが、5月末に行われたイタリア代表候補キャンプでロベルト・マンチーニ監督の目に留まると、先日のUEFAネーションズリーグのドイツ代表戦でアッズーリデビューを飾り、一躍注目を集める存在となった。

180cmの左利きの20歳は右ウイングを主戦場に、鋭いドリブル突破や意表を突くラストパスを特長とする攻撃センス抜群のアタッカー。判断面やプレー精度に関してはまだまだ粗削りだが、ローマのプリマヴェーラ出身らしい、負けん気の強さも魅力な逸材だ。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル