top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

文大統領夫妻、仏・パリで「防弾少年団」の公演を観賞…微笑ましい記念写真も公開

ワウコリア


韓国大統領府が「防弾少年団」(BTS)を見つめる文在寅(ムン・ジェイン)大統領の“パパの微笑み(アッパ・ミソ)”現場写真を公開した。

14日(現地時間)午後、フランス・パリの13th Art Theaterで「韓国音楽の響き-韓仏友情のコンサート」が開催された中、大統領府はSNSに「音楽や公演は言語や国家、人種を超越します。言語を超越した音楽的な情熱、いつもより良い音楽を見せるという根気でこの位置に立つことになりました。K-POPの記録を再び書き出そうとしているBTS、防弾少年団の舞台です」と綴った。

写真にはスーツに身を包んだ約400人の来賓が見る前でパフォーマンスする「防弾少年団」の姿がある。同コンサートで「防弾少年団」はK-POPグループを代表し、世界的ヒット曲「DNA」と「IDOL」を披露しフィナーレを飾った。

公演会場には韓国とフランスの要人と韓流ファンが同席。特に、フランスを国賓訪問中の文大統領夫妻も客席に座り、自国青年たちのステージを見守った。文大統領は“パパの微笑み”を浮かべ、夫人は歌を一緒に口ずさみながら多大な愛情を示した。

この日舞台で「防弾少年団」のリーダー、RMは「両国の国賓が集まる意味深い行事に出席でき、心から光栄に思います。いま、欧州ツアーを進行中で、パリでも数日後にコンサートをおこなう予定です。多くの声援をお願いします。そして、大韓民国の多様なジャンル、アーティストの文化交流を通してより多くが紹介されればうれしいです」と心境を語った。

広告の後にも続きます

大統領府は「フランス内の韓流は2000年代初め、映画を中心に始まり、最近はK-POP、ドラマ、漫画、ゲーム、伝統文化などに拡散しています。特に、K-POPに接した彼らが映画や料理、伝統文化を順に経験するなど、フランス内で韓国文化の底辺拡大に寄与する代表的な韓流コンテンツとして確固たる分野になりつつあります」とアピールした。

一方、「防弾少年団」は最近、米国で開かれた「American Music Awards」でK-POPグループ初の「Favorite Social Artist」を受賞。政府は「防弾少年団」にハングルおよび韓流文化拡散に対する功労を認め、文化勲章を授与する方針だ。

TOPICS

ランキング

ジャンル