top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

松本潤、信長役の先輩・岡田准一に「翻弄される」 大河「どうする家康」で全幅の信頼

シネマトゥデイ

徳川家康の役衣装をまとった松本潤 – (C)NHK

 2023年放送の大河ドラマ「どうする家康」の取材会が1日にNHK名古屋放送センターで行われ、主人公・徳川家康役の松本潤が、事務所の先輩である織田信長役の岡田准一との共演シーンについて語った。この日は酒井忠次役の大森南朋、本多忠勝役の山田裕貴、石川数正役の松重豊、制作統括の磯智明プロデューサーも参加した。

 本作は、家康の生涯をドラマ「リーガルハイ」「コンフィデンスマンJP」シリーズなどの脚本家・古沢良太が新たな視点で描く物語。家康を演じる松本は6月5日に愛知県内でクランクイン。そこからおよそ1か月にわたり、物語の主な舞台の一つである愛知県近郊で撮影が行われている。

 撮影は和気あいあいと進んでいるとのことで、松本も「有意義で刺激的な時間を過ごさせてもらっています」と笑顔。「それこそ大河に出るのも初めてですし、家康公を演じるのも初めてなので。右も左も分からないというところで不安も多々あったんですが、実際に現場に入って、皆さんとお芝居をさせていただくと非常に充実した時間で何より毎日が楽しく、笑いの絶えない現場で、楽しく過ごせているのをうれしく思います」と初大河の撮影を満喫している様子。

 東海地方には徳川家康ゆかりの地が各所にあるが、松本自身、その名所をまわる事で家康の凄さをあらためて感じているという。そんな折、岡崎城に行こうとした時に山田(裕貴)に連絡を入れたところ、偶然にも山田も岡崎城に行こうとしていたタイミングだったことがあった。「たまたま連絡をとっていた時に『今日どうするの』と聞かれて。『岡崎城に行きます』と言ったら『ちょうど俺も行く』って。運命の糸はつながってるんだなと思いましたね」という山田のコメントに、松本も「つながってるよね」としみじみしていた。

 本作における家康像は「か弱いプリンスがいかにして天下人へと成長していったのか」というものになるという。「まさに若いですし、力もない。家臣もある種、頼りない。小さい国ですから。そこがスタートラインである方が面白いんじゃないか」と語る松本。アクションシーンなども「戦い方を知らないというか。うまくやろうとするけどうまくいかないみたいな。抜けが悪くて憤ってる感じをうまく表現できたらと思っています。その分、山田くんがカッコいいアクションをやってくれるんで楽しみにしてください」と笑いながら付け加える。

広告の後にも続きます

 物語について「徳川家康が天下を取るというのはストーリーとして決まっていると思うんですが、本当にこの人が天下を取れるのか? というような始まり方ですし。どう成長していくのか。その過程が鮮やかに描かれていくと思うので、そこをバランス良く。アップダウンをつけて演じられたら」と意気込む松本。「そういう意味でヒーローって何でもできて完璧な人よりは、ちょっとおっちょこちょいで、抜けているところのある人の方がみんなに愛されると思うので。そういうのは今っぽいアプローチだなと思います」と分析した。

 そして本作では、事務所の先輩である岡田准一が織田信長を演じることとなる。「リハーサルを一緒にやらせもらっても、全体が見えているというか。大河ドラマは『軍師官兵衛』(2014)で経験されている方なので。その上でどうスタッフとコミュニケーションをとったらいいのか、ここはどう動いたらいいのかが見えている」と感じ入ることも多かったそう。「例えばこう動いたら信長と家康の関係性が見えてくるんじゃないかとか、いろんなアイデアを出してくださいます。まだ序盤なので、圧倒的な力を持つ信長と、何も持っていない家康の対比をつけるのに、こんな風に芝居をつけたらいいんじゃないかとか。テストでやっていなかったことを、いきなり仕掛けられたりとか。そういう意味では翻弄(ほんろう)されている部分もあるので、その辺も楽しみにしていてください」と語る松本。そんな岡田を「家臣団の皆さん、共演者の皆さんと同じく、岡田先輩にも全幅の信頼を置いておりますし、非常に楽しくやらせてもらっています」と充実した表情を見せた。(取材・文:壬生智裕)

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル