top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

バズ・ラーマン監督「エルヴィスを介して、1950年代、60年代、70年代のアメリカを描きたいと思いました」 映画『エルヴィス』【インタビュー】

もっとエンタメ

 伝説の歌手エルヴィス・プレスリーの人生を映画化した『エルヴィス』が7月1日から公開される。本作を監督したバズ・ラーマンに、エルヴィスやそれを演じたオースティン・バトラーについて、また、映画に込めた思いについて聞いた。

-この映画を撮りたいと思ったきっかけを教えてください。

 単純な伝記映画にはしたくないと思いました。エルヴィスを介して、1950年代、60年代、70年代のアメリカを描きたいと思いました。例えば、シェークスピアの『リチャード二世』のように。また、トム・ハンクスが演じたパーカー大佐というエルヴィスのマネジャーは、エルヴィスを売ることだけを考えていましたが、魂の部分はアーティストでした。

 こういう人物とうまく関係が結べればいいのですが、うまくいかない場合は、とても悲劇的なものになります。マネジャーとアーティストとの関係については、支配されて、罠にかけられたようになり、窒息しそうになるアーティストもいるようです。アイドルの生活は一見華やかに見えますが、実際は搾取されて、自分を破滅に導いてしまう場合もあります。そうしたところにとても興味を持ちました。

 これはエルヴィスが言った言葉ですが、「作られたイメージで生き続けることはとても難しい」と。今、たくさんいる若いアイドルも、かなりのプレッシャーを感じていて、それに負けてしまう人もいると思います。ファンタジックなイメージを抱かれて、それを完璧にこなそうとしても、それは無理な話です。

-エルヴィス役のオースティン・バトラーを発見したときの気持ちは?

 キャスティングの方法がいつもとは違いました。あまりにも彼が役に成り切っていたので、ではこういうケースだったらどうリアクションをするかという、テストをしたという感じでした。そして、スクリーンテストでは、若い頃のエルヴィス、年を取ったエルヴィスとかではなく、とにかくオースティンの歌が聴きたいと思いました。オースティンはこれまではほとんど知られていない存在でした。でも、この映画がナンバーワンのヒット作になっ…

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル