top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

市川猿之助と市川笑也が『當世流小栗判官』で天を翔る~歌舞伎座『七月大歌舞伎』取材会レポート

SPICE

(右から)市川猿之助、市川笑也



2022年7月4日(月)に歌舞伎座で『三代猿之助四十八撰の内 當世流小栗判官(とうりゅうおぐりはんがん。以下、小栗判官)』が開幕する。市川猿之助と、市川笑也が取材会で意気込みを語った。

■11年ぶりの『小栗判官』、1000回目の宙乗り

『小栗判官』が上演されるのは、2011年以来となる。

猿之助「三代猿之助四十八撰の中でも人気狂言のようですね。もう10年やっていませんし、歌舞伎座で宙乗りもできるようになりましたから、そろそろ出そうかなと。スーパー歌舞伎『オグリ』やスーパー歌舞伎Ⅱ『新版オグリ』とはまったく別物です。スーパー歌舞伎は、ある意味で照手姫を主人公にした愛の物語です。スーパー歌舞伎の『オグリ』をご覧の方はびっくりされるでしょうね」

広告の後にも続きます

笑也「この公演の初日、私にとって1000回目の宙乗りをします。最初の宙乗りが1987年。その時も『小栗判官』でした。ただ照手姫ではなく、お槙(今回はお駒という役名)。首をはねられて、首だけにスポットが当たりながら舞台上を飛ぶ宙乗りでした。はじめの1回と同じ作品で、初日に1000回目を迎えられる。感無量です」

白い天馬は本物の馬が合成されている


11時開演の第1部で上演される。宙乗りや早替りなどの面白さと、御家騒動や恋のさや当てのドラマなど見どころのつまった作品を、1日3部制にあわせて約2時間半におさめることとなる。

猿之助「もともと4時間以上かけていたお芝居です。どうしたって同じものにはなりません。レストランのディナーコースをランチコースにするようなもので。大切なのは、決められた時間の中で完結させることだと思います」

その際に意識するのは「物語がわかること」と「約束事をおさえること」。

猿之助「今回の約束事としては、馬の碁盤乗り、浪七のくだり。橋蔵とのコミカルなやりとり。小栗と照手の道行と天馬の宙乗り。その上で物語が分かるようにしたい。すると想定外に拵えの時間がなくなって早替りのような状況(笑)。(早替りをアシストする)周りは大変ですが、なるべくいいとこ取りでお見せできれば」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル