top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

節電ポイントよりも電気の消費税廃止を!夏の電力不足に荻原博子が警鐘

女性自身

節電ポイントよりも電気の消費税廃止を!夏の電力不足に荻原博子が警鐘

電気代の高騰が止まりません。東京電力では、平均モデル家庭の8月分の電気代が7月より約250円高い9120円前後です。値上がりは12カ月連続で、1年前から約3割も上昇。電力逼迫で7年ぶりに「節電要請」が実施されるなど、電力不足は差し迫った問題です。

 

そんななか、節電すれば「節電ポイント」がもらえる仕組みが広がっています。そこで、経済ジャーナリストの荻原博子さんが「節電ポイント」について解説してくれましたーー。

 

■ポイントは買い物券などに交換でき、料金も安く

広告の後にも続きます

 

特に、電力逼迫が厳しい時間帯を通知し、電気使用量を抑えてもらう「デマンドレスポンス」が増えています。

 

東京電力の「夏の節電チャレンジ2022」では、節電してほしい時間帯を前日か当日の1時間前までに通知。普段の使用量と比べ、節電量1kWhごとに5節電ポイントが付与されます。

 

1kWhとは、一般的なドライヤー(消費電力1.2kW)なら50分使ったときの電力量です。何か1つで一気に節電は難しいので、ドライヤー時間を短くする、エアコンの設定温度を少し上げる、炊飯器の長時間保温をやめるなど、小さな節電を積み重ねましょう。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル