top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

工藤遥「考えるな、感じろ」の精神で挑む風俗嬢役【インタビュー】

エンタメOVO

 俳優として活躍する工藤遥が、7月5日から放送されるMBS/TBSドラマイズム枠「ロマンス暴風域」で、これまでのイメージを脱ぎ捨てて、風俗嬢・せりかを演じる。アラサー男性と風俗嬢の運命の恋とその後を描いた本作に「全身全霊でぶつかっていく」と気合十分の工藤に、ドラマの見どころや役作りについて、さらにはこれまでの俳優業への思いを語ってもらった。

-風俗嬢のせりかという、イメージとは全く違う役柄を演じることに驚きの声も多かったのではないですか。

 驚きの声もありましたが、私の新しい一面に期待してくれている声も多く、すごく温かいコメントもたくさん頂き、うれしく思っています。もちろん、非常にセンシティブなシーンもありますが、私自身は、共演経験のある小野花梨ちゃんや、これまでに数々の作品で拝見していた渡辺大知さん、そして児山隆監督という、このチームでお芝居がしたいという気持ちが大きかったので、風俗嬢という役柄がメーンだとも考えていませんでした。もちろん、挑戦となる作品ではありますが。

-脚本を読んで、まずはこの作品のどこに魅力を感じましたか。

 このドラマは、“真ん中に立てなかった人”が集まっているお話だと思います。上がるにも上がれず、傷ついたり落ちたりもせず、フワッと取り残されている、そんな人たちの心の隙間みたいなものが描かれています。その中でせりかは、まるで“本能のパズル”の足りないピースを探すかのように、いろいろなところに手を伸ばしている。一見すると、破天荒に見えますが、その心の奥にはどうしようもない悲しさや寂しさ、孤独を抱えている人です。それがすごく人間っぽくて生々しくて、これを実際に役者が演じて、映像化したらどうなるんだろうというワクワク感がありました。

-人物描写がすごくリアルですよね。

 リアルだと思います。せりかちゃんと同じような気持ちになったことがある人は、意外と多いんじゃないでしょうか。ただ、みんなそれは倫理観に反すると分かっているから、ブレーキがかかって何もアクションをしていないだけで。彼女は、その倫理観を飛び越えた人なので、ある種、みんなの気持ちを具現化した人物で、だからこそ、魅力的に見えるんだと思います。

-せりかを演じるに当たって、どんなところにポイントを置いていますか。

 なるべく本能と衝動に任せ、「考えるな、感じろ」の精神で演じています。せりかが何を考えているのか、考えれば考えるほど分からなくなってしまうんですよ。なので、白黒をつけるのではなく、全てがグレーというイメージでいいのかなと。ただ、うそはついてはいけないと思っています。特に、(渡辺演じる主人公の)民生に対しての感情にはうそがないように演じています。

-「考えるな、感じろ」の精神は、この作品だからですか。それとも、どの作品も同じような思いで臨んでいるのですか。

広告の後にも続きます

 常にその精神は持ってはいますが、今回は、特にそれが強いです。自分の中で準備をして撮影に臨み、その上で、現場で相手の役者さんとのやり取りで芝居が変わっていくのが普通だとは思いますが、せりかは、頭で考えても分からないところが多いので、それならば考えるのではなく、感覚を大切にしようと思っています。

-そもそも、工藤さんは芝居の面白さや演じることの楽しさはどんなときに感じていますか。

 私は自分のことを面白いとか魅力的だとか、あまり思ったことがなかったので、人として魅力的な人や、その場にいるだけで面白い人がすごくうらやましかったんです。でも、お芝居の中では、そういう憧れの人にもなれる。(芝居の中では)別の人生を生きているから、どんなことをしても許されるんだと気付いて、そこからお芝居が楽しくなりました。

-ターニングポイントになった作品や出来事はありますか。

 最初のターニングポイントは、2014年に出演した舞台でした。当時、演出家の方にたくさんご指導していただいて、できないことばかりで悔しい思いもたくさんしたのですが、役にのめり込めた感覚がありました。初めて“役が抜けていく”という感覚を体験して、楽しいと感じました。

 その後、私の初舞台の脚本を書いてくださり、長年お世話になっていた脚本家の方と、再びご一緒する機会があって、そのときに、「役者になりたい」とお話をさせていただいたんです。そうしたら、「私はあなたが主演する作品の本が書きたい」というお手紙を頂いて…。その一言で目指すべき方向が明確になりました。もちろん、いろいろな覚悟を持って役者を目指したのですが、一歩を踏み出す力になった言葉でした。

-その脚本家の人とは、一緒に仕事はできましたか。

 まだできていないんです。もっと、人としても役者としても大きく成長して、「一緒にやりませんか」と私から言えるぐらいになったときにご一緒できたらと思っています。

-それが俳優としての目標でもあるんですね。

 そうですね。近い目標では、「あの作品のあの役、あの演技がよかった」と言っていただける役者になりたいです。やはり役者をやっていく上では、うまいだけでなく、皆さんの印象に残らないといけないと思うので、印象に残る作品、役、演技ができるようになりたいと思っています。

-ところで、“運命の恋”をテーマにした本作にちなんで、工藤さんが「運命を感じた」ことは?

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル