top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

酔った人が駅ホームから転落…助けようと線路へ、法的責任は?

オトナンサー


救助で線路内へ…法的問題は?

【善意は報われる?】救助者に適用され得る「緊急避難」「正当防衛」とは?

 コロナ禍がひと段落し、街ににぎわいが戻りつつあります。酔客も増え始めていますが、時折、酒に酔った乗客が誤ってホームから転落することがあります。時には、周囲の乗客が線路内に入って救助し、ネット上で論議を呼んだこともあります。「人助け」の精神は大切ですが、救助のために線路内に入るのは危険な行為です。救助した側の人が、法的責任を問われることはあるのでしょうか。芝綜合法律事務所の牧野和夫弁護士に聞きました。

免責・軽減の可能性

Q.酒に酔っての転落は、本人が深酒しなければ回避できます。酒に酔ってホームから転落し、事故が発生するなど鉄道のダイヤを大きく乱す原因になれば、重い法的責任が生じるのでしょうか。

牧野さん「故意または過失によって、他人の権利や利益を侵害した場合、これによって生じた損害を賠償する責任が発生します(民法709条不法行為)。自らの意思で線路に飛び込み、鉄道のダイヤを大きく乱す損害を与えた場合は『故意』にあたり、酒に酔ってホームへ転落した場合は『過失』に該当する可能性が高いでしょう。法的には、過失に比べ、故意による場合の方が、損害賠償責任が重いといえます。

広告の後にも続きます

具体的な損害賠償責任ですが、振替輸送の費用、乗客へ支払う遅延損害金、車両破損の場合に、修理費、負傷者の救助費、遺体の収容費などが遺族や加害者に請求されます。例えば、車が新幹線に突っ込んで1億4000万円の請求をされた例があります」

Q.「ホームから線路内に立ち入らないでください」と鉄道会社は頻繁に呼びかけています。しかし、人がホームから転落すれば、とっさにホームから降りて助けようとする人もいます。こうした人は、法的責任が問われるのでしょうか。

牧野さん「まず刑事上の責任についてですが、免責・軽減される可能性があります。刑法37条(緊急避難)1項で、他人の生命や身体などの危険を避けるため、やむを得ずにした行為(今回の場合は線路内に入る行為)は、その行為によって生じた害が、避けようとした害(今回の場合は転落した人の危険性)の程度を超えなかった場合、『罰しない』とされているからです。

電車が来るまで十分な時間がないのに線路内に入った場合など、『やむを得ず』の程度を超えたときは罰せられる可能性がありますが、『情状により、その刑を減軽し、または免除することができる』ということも刑法37条1項には書かれています」

Q.民事上の責任はどうでしょうか。

牧野さん「民事上の責任についても、免責される可能性があります。民法720条(正当防衛および緊急避難)で、『他人の不法行為に対し、自己または第三者の権利、または法律上保護される利益を防衛するため、やむを得ず加害行為をした者は、損害賠償の責任を負わない』などとあるためです」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル