top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

貴方を「好き」だと気が付いてから一生懸命に否定をした理由

幻冬舎ゴールドライフオンライン

※本記事は、桜庭未来氏の小説『永久の恋人 愛と悲しみの軌跡』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

【関連記事】片思いの人からのデートの誘いに、彼女が自分を責めた「ワケ」

恋愛観

意に反して啓子の方から陽一に働きかける結果になってしまった二人の愛のあり方について、啓子は、自分の愛に対する考え方に逆らってしまったと自分を責めていた。

「私は人を好きになった場合、冷静すぎる程冷静にそれを否定してかかるのです。私は意外と惚れっぽい所があるので結構、好きになった人はいましたが否定してしまう気持が勝っていて、それも本能かもしれません。だから貴方を好きだと気が付いてから一生懸命に否定をしました。

でも貴方はあまりにも魅力的でどんどん心に入り込んできてしまいました(私の勝手でね)。

広告の後にも続きます

大抵の人の恋愛を観察していると、まず、一方の気持が強くなって相手がそれにほだされるという形のように思えます。双方がこの人でなければという強い気持を持ち合ってという事は少ないのではないでしょうか。

本当の恋愛は双方が同じように魅かれ合うべきだと私は思います。勿論付き合ってみなければ相手の事がわからないでしょうし、付き合っているうちに好きになるのが悪いという訳では全くないのです。

私自身、男性から誘われて、こういう事から、恋が始まるのかもと思わせられる瞬間は二、三度ありました。でも、私の心の中には片道であるにせよどうしてもこわせない道がありました。その道がなかったとしても、強く魅かれたのでない人との男女付き合いというのは本能的にがまん出来ません。

そして、もしかしたら沖田さんが私の気持を知って同情して付き合ってくれているのではないかと、少しばかり否定的な気持になってしまった事も事実です」(41年10月 緒田啓子)

「貴女は最初に会った時以来常に、恋愛はラインであるべきでお互いの相寄る魂云々等、恋愛至上主義的な意見でしたね。しかしお互いが好意を持っている状態ならば、その状態を肯定出来るでしょうか。

お互いに好意を持っていても行動に出さず、むしろそっけないそぶりをしたりする場合もあります。しかし何かのきっかけでお互いがわかってきたら、もっとお互いを知ろうと自我をセーブしてゆくべきではないでしょうか。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル