top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

吉沢亮『キングダム2』跪く大先輩たちに緊張 「声が震えた」

シネマトゥデイ

吉沢亮

 俳優の吉沢亮が30日、都内で行われた映画『キングダム2 遥かなる大地へ』(7月15日公開)のワールドプレミアに登壇し、橋本環奈も「ドキドキした」という戦々恐々の撮影を振り返った。この日は、山崎賢人、橋本、清野菜名、岡山天音、三浦貴大、濱津隆之、豊川悦司、高嶋政宏、要潤、加藤雅也、玉木宏、小澤征悦、佐藤浩市、佐藤信介監督も来場した(※山崎賢人の崎はたつさき、高嶋政宏の高ははしごだかが正式表記)。

 観客約1,200人の前に登場した吉沢は「こんなにたくさんの方にお集まりいただいて、誠にうれしく思います。スケールやアクションがパワーアップした『キングダム』を見せられることでワクワクしております」とあいさつ。

 本作は、累計発行部数9,000万部(2022年6月現在)を超える原泰久の人気コミックを実写映画化し、興行収入57.3億円を突破した『キングダム』の3年ぶりとなる続編。中国春秋時代、秦の若き王・エイ政(吉沢)の王座奪還に協力した信(山崎)の新たな戦いを描く。

 吉沢は続編の見どころについて「新キャスト皆さまの原作キャラクターの再現が、ただの再現になっていなくて、生身の人間として漫画のキャラクターを演じてらして本当に素晴らしい」と称賛。「僕は今回、基本的に王座にずっといるから戦場の皆さんの様子はまったく知らなかったんですけど、映画を観ると前回の戦いとはレベルが違うくらいすごいことが起きているので、その辺はチェックしてほしいと思います」と呼びかけた。

 「わたしも戦場に全然行っていない」という河了貂役の橋本は「マスコットキャラ的な立ち回りで温かく見守っていただけ」と撮影時を回顧。一方、スタジオでの撮影は「すごい空気感。これだけ豪華なキャストがそろっているので緊張感がすごくて」と打ち明けると、「(ベテラン俳優)皆さんが2列にピシーッと整列していて、唯一、王様の吉沢くんが真ん中にいるわけじゃないですか。で、すごい長台詞を言われていたので、わたしだったら本当にイヤだな。(吉沢がベテラン勢)みんなに見守られながらだったのでドキドキしました」と気持ちが張り詰めていたことを明かした。

広告の後にも続きます

 すると吉沢は「ハンパじゃないですね。『1』の時は年の近いメンバーでアグレッシブなアクションがあったり、冒険をしながらという流れだったんですけど、『2』に来たら大先輩たちがずらーっといる中、僕に跪いて、僕だけ偉そうにしているから、台詞を言う時に声が震えちゃって……。全然違う緊張感がありました」と胸中を吐露していた。(錦怜那)

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル