top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

元乃木坂46・松村沙友理がドルオタ役「推しが武道館いってくれたら死ぬ」実写化で地上波連ドラ初主演

シネマトゥデイ

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」で地上波連ドラ初主演 松村沙友理

 元乃木坂46の松村沙友理が、アニメ化もされた平尾アウリの人気漫画を連続ドラマ化する「推しが武道館いってくれたら死ぬ」(ABCテレビ/テレビ朝日・10月スタート)で主演を務めることが明らかになった。

 原作は2015年より「COMICリュウ」(徳間書店)で連載され、累計発行部数100万部を突破する人気コミック。岡山県で活動するマイナー地下アイドルChamJam(チャムジャム)と、彼女たちを全力で応援する熱狂的なファンの姿を描いた青春コメディーで、2020年1月にアニメ化。ファンの間では「推し武道」の愛称で親しまれている。

 松村は、主人公の女性ドルオタ(=アイドルオタク)・えりぴよ役で、地上波連ドラ初主演。えりぴよは、ChamJamの人気最下位メンバー・舞菜のために時間もお金も注ぎ込み、自分の服は高校時代の赤ジャージだけという熱狂的なドルオタ。元アイドルにして、全力でアイドルを推す役に挑むことになった松村は「かつて推されていた側に立っていた私が、今回は推しを推す側を演じさせていただくということでとってもご縁を感じています! 私も推しとともにこの作品への愛を一心に注いで素敵な作品をお届けできるよう、一生懸命頑張ります!ぜひお楽しみにしていてください!」と意気込みを語っている。

原作のえりぴよ(C)平尾アウリ / 徳間書店

 原作者の平尾は「実写にして頂くことは漫画家をやっていく上での最終目標だと思っていましたので、嬉しかったです。今作は特に実写だと難しいテンションの作品かと思っておりますので驚きましたが、制作に携わって下さっている皆様を信頼してお任せしておりますので、私自身も視聴者として放送を楽しみにしています」とコメント。松村のキャスティングに「お顔や振る舞いが大変可愛くて、以前から好きでお姿を拝見していましたので恐縮しております」と語っている。

 音楽はテレビアニメ版と同じ日向萌が担当。監督は、映画『4月の君、スピカ。』(2019)、『NANA』(2005)などの大谷健太郎をはじめ北川瞳、高石明彦が務め、脚本は「私の夫は冷凍庫に眠っている」(2021・テレビ東京)、「家電侍」(2022・BS松竹東急)などの本山久美子が手掛ける。(編集部・入倉功一)

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル