top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「舞妓の実態」告発が柴咲コウ、上白石萌音らの「舞妓作品」にも飛び火“美化”演出への非難轟々

SmartFLASH

2007年、柴咲コウは『舞妓haaaan!!!』のイベントで舞妓らと登壇した

 

「芸妓や舞妓の方々が適切な環境のもとで、芸妓や舞妓としてご活動いただくことが重要であると考えております」

 

 後藤茂之厚生労働大臣までもが6月28日の記者会見でこう言及したのは、6月26日に「元・舞妓」を名乗る女性のツイートが発端だ。

広告の後にも続きます

 

 女性は、京都のいわゆる「花街」と呼ばれるお茶屋や置屋が集まった地域で舞妓をやっていたとして「16歳での飲酒強要」「客との混浴の強要」「住み込みで無給」などがあったと告発している。

 

 

 さらに女性は 《私は5000万円で処女を売られそうになった。そしてそのお金、舞妓自身は貰えない》 と、人身売買のようなやり取りまでおこなわれているとツイートしている。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル