top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

佐久間良子と離婚で…平幹二朗に「あなたの『男性問題』が原因か」の禁断質問/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

アサ芸プラス

 インスタグラムやTwitterといったSNSが、まだ姿も形もない昭和、平成の時代。芸能人の結婚や離婚は、その大半が記者会見により発表されるのが常だった。

 そのため、頻繁に記者会見が開かれ、会見の最中には、現代ではおよそ考えられないような、ストレートな質問が乱れ飛んだものだ。

 1984年5月28日に東京・丸の内にある東京會舘で開かれた、平幹二朗と佐久間良子の「離婚会見」も、その典型だった。

 2人はテレビ、映画の共演を通し親しくなり、1970年に結婚。超多忙な大物スター同士の結婚とあって、当初からすれ違いが指摘され、結婚2~3年目には危機説が流れたことも。しかし、佐久間は35歳で二卵性双生児を出産、危機は乗り越えたかに見えた。

 しかし、ほどなくして平が世田谷区内の自宅を出て、渋谷区内のマンションで一人暮らしを始めると、佐久間にもテレビプロデューサーとの恋の噂が流れていた。

広告の後にも続きます

 会見に臨んだ平は、グレーのスーツに、黒地に水玉のネクタイ。一方、佐久間はブルーのワンピース姿で、首元からかけたパールのネックレスが目を引く。会見のテーブルに飾られた見事な花が、まるで婚約会見を思わせる場違いさを醸し出していた。

「お互いに仕事が大切で、2人の時間を作ることができなくなってしまった。最近は喧嘩もしなくなりまして…。もっと喧嘩すればよかったんでしょうが」(平)

「私が、母・女優・妻の3役を上手くまっとうすることができなかったということです。せめていい形で離婚して、子供に与える不幸を償っていきたい」(佐久間)

 当初はそんな「優等生」的発言が続いていた2人だったが、会見場の空気を切り裂いたのは、ある記者が放ったひと言だった。

「平さんの『男性問題』が原因とも言われていますが、そのあたりはどうなんでしょう」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル