top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ポップな延辺串焼き天国!世界のビールで乾杯しよう「羊不同烤小串」in 御徒町

80C[ハオチー]

×

ポップな延辺串焼き天国!世界のビールで乾杯しよう「羊不同烤小串」in 御徒町

2022年5月末、現代中国ど真ん中のポップな空間で、卓上自動串焼き機で羊肉串を焼きまくれる「羊不同烤小串(ヤンブートン カオシャオチュァン|yángbùtóng kǎoxiǎochuàn)」が御徒町にオープンした。

串焼きといってもいろいろあるが、この店はスパイシーな延辺式串焼きがウリ。延辺(えんぺん|ヤンビェン|yánbiān)とは中国東北地方・吉林省延辺朝鮮族自治州で、北朝鮮やロシアとの国境に位置するエリアだ。

「羊不同烤小串」の本店があるのは延吉市。wechat(微信)の「延辺新聞」のニュースによると、同店の老板(店主)は2006年に串焼きを開始。「延边烤串界的GUCCI(延辺串焼き業界の『GUCCI』)」などと紹介されていて、現地ではファッショナブルな店として位置づけられているようだ。

中国東北地方を中心に、現在10数店舗を展開する気鋭の串焼屋の日本一号店。看板だけみるとまるで中国。 溢れ出る現代中国感。ハングル併記なところが延辺を感じさせる。

スパイシーな延辺串焼き片手に、世界のビールで乾杯!

この店のおすすめは、吉林省が誇る烤串(カオチュアン)の数々。烤串とはさまざまな香辛料を効かせた炭火串焼きのことで、羊肉串をはじめ、肉、内臓、東北地方ではよく見る蚕の蛹(さなぎ)、ニラや茄子などの野菜、意外なところではパン、臭豆腐など、ありとあらゆる食材が串焼きになっている

広告の後にも続きます

そこに合わせるのが世界のビールというのが洒落ている。店内に入ると、右手の大きな冷蔵庫にはビールがずらり。日本の中国料理店でおなじみの青島ビール、中国でもよくみるバドワイザーをはじめ、コロナ、ハイネケン、レーベンブロイなどがよく冷えた状態でスタンバイしているのを見れば、飲みたくならないわけがない。ちなみに6月現在、生ビールはプレミアムモルツだ。

エントランスを上がって右手にあるドリンクコーナー。待ち時間にこれを眺めるのも楽しい。 生ビールはオリジナルジョッキで!

50種類超の串焼きに、秘伝の串料がクセになる!

タブレットのメニューから選べる串焼きメニューは、数えてみると50種類超(日によって販売していない串もあります)。何はなくとも注文しておきたいのは、トップにおすすめされていて、他の串よりちょっとおトクな「ラム小串」10本980円。

当然ながら、食べ始めるとこれだけでは済むわけがない。羊肉串なら新疆風味、微辛、まったく辛くないタイプ、牛肉なら吉林省の味付けである延辺風味、四川の麻辣風味、パイナップル×牛肉など、串のバリエーションは選び切れないほど。モツや筋など中国らしい部位もあり、それぞれ1本単位で注文ができる。

メニューは中国語(汉语)と日本語(日语)が選べる。

また、卓上にある串専用スパイス「串料(蘸料)」は、延辺式串焼きの味わいに欠かせない。この店では、鮮やかな朱色の唐辛子風味と、ゴマ、ピーナッツ、ひまわりの種などをブレンドした胡麻風味の二種類がスタンバイ。実際、吉林省では各店串料の配合は秘伝とされ、ここでも包みに「マル秘」と書かれていた。

串料はそれぞれ個包装になっており衛生的。緑はゴマ味、白がよくある唐辛子色の串料。販売はしていない。 見るからに香ばしそうな胡麻味のスパイス。 卓上調味料として板筋料(左:スジの味付けに使われる。甘辛いコチュジャン的な風味)とクミン(右)がある。

眺めているだけで焼き上がる!卓上自動串焼き機が楽しい

日本では串といったら焼き鳥屋さんなどで焼いてもらうのが定番だが、ここではテーブルに設置された自動串焼き機で焼き上がりを待つのも楽しい。

自分でやることといったら、金属の串についているギザギザの部分を機器の溝にはめ込むだけ。焼き時間の目安は、生肉をイチから焼き上げる場合は5分程度、厨房である程度焼いてきたものを温める場合は1分程度。肉から滴り落ちる脂がオガ炭に落ち、白く立ち上る煙や炎を眺める時間もいいものだ。

手前が延辺風味牛肉串、奥が新疆風味羊肉串。オガ炭で焼き上げる。 ニラまでも串に刺す。これが定番だったりする。 牛肉×パイナップル。甘じょっぱい味付けで、辛いものが苦手な人におすすめ。 自動串焼き機は他の延辺料理店でも見かけるが、現代中国的な店だけに、モダンなフォルムに見えるは気のせいか。

異文化体験が気軽に楽しめるタッチパネルの注文方式

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル