top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

話題の「令和4年版 男女共同参画白書」を読む(2)…シングルマザーは早くに結婚、出産、離婚傾向 母子家庭の「経済的苦境」も課題(鷲尾香一)

J-CAST会社ウォッチ

シングルマザーは高校卒までの学歴で、若くして結婚し、早くに離婚した女性に多いという特徴があることが、内閣府の調査で明らかになった。

内閣府は2022年6月14日、「令和4年版 男女共同参画白書」と「令和3年度 人生100年時代における結婚・仕事・収入に関する調査報告書」を発表した。

この中で、「家族の姿の変化・人生の多様化」としてシングルマザーの状況について述べている。

結婚に対する意識を取り上げた前回記事「話題の『令和4年版 男女共同参画白書』を読む(1)…『晩婚化』以上に『未婚化』への危惧 安心して結婚できる雇用環境、支援策を(鷲尾香一)」につづき、シングルマザーの状況も取り上げたい。

シングルマザーになった年齢…30~34歳26.3%、25~29歳23.6%、35~39歳20.5%

少子化が進む中、ひとり親世帯は増加している。1988年から2016年までの30年間に102.2万世帯(母子世帯数84.9万世帯、父子世帯数17.3万世帯)から141.9万世帯(母子世帯数123.2万世帯、父子世帯数18.7万世帯)に増加した。

広告の後にも続きます

2016年のひとり親世帯における父子・母子世帯の割合は、母子世帯が86.8%、父子世帯が13.2%となっている=表1。


父子世帯と母子世帯の大きな違いは、父子世帯では55.6%が父子以外の同居人と生活しているのに対して、母子世帯では61.3%が母子のみで生活している点があげられる。

シングルマザーという言葉が普通に使われるほど浸透しており、厳しい経済状況などさまざまな調査がある中で、その属性を詳細に調査したものは意外に少ない。そこで、今回はシングルマザーの属性に焦点を当てた。

調査によると、「シングルマザーになった年齢」で、最も多かったは30~34歳の26.3%、次いで25~29歳の23.6%、35~39歳の20.5%の順となっている。

つまり、34歳までにシングルマザーとなった女性が半数以上にのぼり、30代でシングルマザーとなった人が46.8%と半数近くを占めている=表2。


シングルマザーとシングルマザー以外の、各ターニングポイント(結婚、出産、離婚など)の平均年齢を比較する調査結果も出ている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル