top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

無限「やんのかステップ」マシーンだ…! 絶妙にクセになる手作り玩具に反響「特徴捉えすぎ」「商品化して」

Jタウンネット

にゃんこが毛を逆立てて威嚇する時などに見せる、いわゆる「やんのかステップ」。

2022年6月15日、そんな姿を愉快に再現したツイッターユーザーが現れ、注目を集めた。

「これは酔った勢いで作った『威嚇しながら近づいてくる猫』のおもちゃです」

という言葉と共に投稿された映像が、こちらである。

ラップの芯のような筒の上に、背中を丸めて怒っている猫のイラスト。その足は筒の中を貫通している凸凹のある細い棒にくくりつけられ、棒を回せばまるで猫が近づいてくるかのように見えるという代物だ。

猫のブルブルとした挙動が絶妙なリアルさを演出していて、ちょっと怖いほどだ……。

「アイデアを思いついたら身の回りにあるもので作ってしまう」

広告の後にも続きます

このおもちゃを作ったのは、普段は会社員をしながら創作活動を行っているクリエイターのシカクガング(@shikakugangu)さん。

投稿には、31万9000件(29日朝時点)を超える「いいね」が付くほど反響を呼び、こんな声も寄せられている。

「やんのかステップマシーン…!!」
「玄関に飾りたいおもちゃナンバーワン」
「軽く夢に出そう」
「絶妙にキモくて好きです(賞賛」
「特徴捉えすぎててクソ笑ったw」
「商品化してください」
「もともとアイデアを思いついたら身の回りにあるもので作ってしまう習慣があります。
日頃からこんなものばかり作っているので経緯みたいなものはないかもです」(シカクガングさん)

21日、制作経緯を聞いたJタウンネット記者にそう明かすシカクガングさん。作品制作において大切にしているのは、アイデアを思いついた時の瞬発力だという。

今回SNSで大きな反響を得たことについて、「動きに共感してくれる人がたくさんいて驚きました。いますよね!こういう猫(笑)」と語った。

ちなみに、東京・渋谷にあるアートギャラリー「Picaresque(ピカレスク)」では現在、シカクガングさんの作品展「シカクい箱のアニメーション展」が開催中(会期:22年6月18日~7月17日)。作品をみて気になった人は、ぜひそちらにも足を運んでみてほしい。

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル