top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

40代以上は、むしろファンデなしでOK。重視すべきは…?

BOOKウォッチ

化け活。(主婦の友社)<amazonで購入>

 本書『化け活。』(主婦の友社)は、「老け顔」コンプレックスに悩む40代、50代以上の全女性をヘアメイクで救う1冊。著者は、入れ替わりが早いと言われる芸能界で約35年間、ヘアメイク職人として活躍し続ける化け子さん。

 BOOKウォッチでは、プロ中のプロである化け子さんのスキンケア&メイクテクをたっぷりお届け(全3回)。

 1回目「あなたはどっち? 40代、50代の肌タイプはほぼ2種類。『化け活。』著者が教えるタイプ別スキンケア」では、土台となる肌の整え方を見てきた。さて、いよいよファンデかと思いきや……。

 2回目は「基礎練習 隠したいものが多い人こそ 減らす勇気を持とう!」から、ベースメイクについて見ていこう。

ファンデーションでシミは隠れない

 なんといきなり「40代以上は、むしろファンデなしでもいい」とある。

広告の後にも続きます

 それは「塗り重ねた分だけオバサン化」するから。ほどよく補整力のある下地でくすみを払い、少量のコンシーラーでシミを隠す。40代からは、これだけでもOKなのだという。

 「シミを隠すのはコンシーラーの役目です! ファンデーションは隠すためではなく、全体のトーンをそろえるために使うほうがいい。だから『薄く塗るもの』なんです」

 それでも、やっぱりファンデがないと安心できない……という人も大丈夫。乾燥肌タイプとインナードライ肌タイプ、それぞれに合った使い方も紹介している。

40歳を越えたら、コンシーラーは2種類

 意外だったのが、ファンデーションよりコンシーラーに重きを置いているところ。

 「反復練習 抗うより対策を!」には、「コンシーラーは2種類必要」「40歳越えたら、シミとクマでコンシーラーを分けなさい」とある。クマには濃いめのオレンジで薄く。シミには薄塗りで一発でシミを隠せるタイプを。

 「シミとクマは似て非なるもの。40代以上になったらもう、これをまちがえたら大変なことになりますから、コンシーラーは2つ必要と覚えてくださいね」

■対策1 クマはオレンジで打ち消す
 全体にコンシーラーを塗っても凹凸は消えないので、いちばん目立つたるみの端だけをごまかすのが得策。

1 たるみの端にちょんと塗る(下まぶたのたるみ線の端に点置き)
2 軽くたたいてぼかす(ブラシでトントン)

■対策2 しっかりシミは欲張らず一発で隠す
 薄くつける、力を入れずなじませる、塗り広げすぎない。この3点を押さえると、とっても自然にシミが目立たなくなる。

1 チップにつく液量を減らす(しっかりと)
2 シミ部分だけに直接つける(複数シミがあっても液はつけ足さない)
3 ブラシでトントンなじませる(シミにコンシーラーが定着してから周囲をぼかす)
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル