top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

<どうする家康>千葉哲也、山田孝之“服部半蔵”に仕える忍者集団の長として大河ドラマに出演「独特の雰囲気があります」

WEBザテレビジョン

<どうする家康>千葉哲也、山田孝之“服部半蔵”に仕える忍者集団の長として大河ドラマに出演「独特の雰囲気があります」

千葉哲也が、2023年放送スタートの大河ドラマ「どうする家康」(NHK総合ほか)に出演することが発表された。松本潤主演、古沢良太が脚本を務める同ドラマは、誰もが知る徳川家康の人生を新たな視点で描く、ひとりの弱き少年が、乱世を終わらせた奇跡と希望の物語。

千葉は、“忍者一筋 大ベテラン”大鼠を演じる。服部半蔵(山田孝之)に仕える忍者集団の長。ネズミのようにはいつくばり、素早い動きをするので大鼠と呼ばれる。冷静沈着かつプロフェッショナルな老忍者で、普段は農業を営み、身を隠す。失敗続きの半蔵のために役に立ちたいと思っており、その焦る気持ちが裏目に出る、という役どころだ。

■服部半蔵の人生のスタートに関われるよう、楽しんでいきたい

出演にあたり千葉は、「監督ともお話しさせていただいたのですが、服部半蔵の人生のスタートに関われるよう、楽しんでいきたいです」と意気込みを明かした。

また、大河ドラマについて「大河ドラマは独特の雰囲気がありますね。飲み込まれないように緊張感を持っています」とコメント。さらに、古沢良太作品については「初めて関わらせていただきます。青春群像の様な大河に血を通わせられたらと思っております」と語った。

■キャスト発表第3弾では、松山ケンイチらの出演も決定

今回の発表は、大河ドラマ「どうする家康」公式Twitterにて行われており、キャスト発表の第3弾となる。大河ドラマ「どうする家康」公式Twitterでは、「徳川家臣団~こんなくせ者が周りにいて、どうする?~」と題して、出演者が発表。松山ケンイチ、甲本雅裕、波岡一喜、木村昴、猫背椿に続く6人目のキャスト発表となる。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル