top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

松本まりか、山田孝之“服部半蔵”の良きパートナーを演じる!「ユニークな役が出来る幸運にただただ感謝です」<どうする家康>

WEBザテレビジョン

松本まりか、山田孝之“服部半蔵”の良きパートナーを演じる!「ユニークな役が出来る幸運にただただ感謝です」<どうする家康>

松本まりかが、2023年放送スタートの大河ドラマ「どうする家康」(NHK総合ほか)に出演することが発表された。松本潤主演、古沢良太が脚本を務める同ドラマは、誰もが知る徳川家康の人生を新たな視点で描く、ひとりの弱き少年が、乱世を終わらせた奇跡と希望の物語。

松本は、“くのいち七変化”女大鼠を演じる。大鼠(千葉哲也)の娘で、父を継いで忍者集団を束ねる。体が柔らかいことを生かし、どんな場所にも忍び込み、町娘から遊女、武士までどんな人物も演じきる変装の達人。服部半蔵(山田孝之)とタッグを組み、たびたびドジを踏む彼を細やかにフォローする良きパートナーでもある、という役どころだ。

■密かに憧れてきた古沢さんの作品に参加できてとてもうれしい

松本は、「なんて面白い役をいただけたのでしょう! くのいち七変化のみならず、忍者界のサラブレッドとして生まれ、たいそうエリートだとも伺いました。しかしそんな女大鼠、今のところいっこうに喋らないのです。台本に台詞がほとんどないため彼女の全貌は謎めいていて。未知数です」と自身の役どころについて語った。

また、出演にあたり松本は「今はとにかくこんなユニークな役が出来る幸運にただただ感謝です。大河の世界にスパイスになるような忍者パートをスタッフキャストの皆さんと作っていけたらと思います。身体が柔らかいのが初めて生かせるかもしれません!」と意気込みを明かした。

さらに、古沢良太作品について「密かに憧れてきた古沢さんの作品に参加できてとてもうれしいです。松本潤さんがあらゆる方面からどうする? を突き付けられ、右往左往している姿を見られるのはとても新鮮ですし、そこからどう天下を治めていくのか興味が尽きません。命をも軽く扱われてきた忍者たちが、国のトップをも動かしていくその姿は、今を生きる私たちへの大きなエールになるのではないでしょうか。その一端を担える役どころ、責任を持って演じたいと思っています」と語った。


■共演者とのエピソードを披露

そして、共演者とのエピソードについては、「バディとなる山田孝之さんとは、2000年に『六番目の小夜子』で共演し、同時期に撮影していたのが『葵 徳川三代』。今回もまた家康が主人公の大河ドラマで、同じく23年ぶり二度目の大河ドラマでバディを組む…奇縁を感じます。そして松本潤さんとは初共演ですが、ちょうど当時の大河や『六番目の小夜子』の撮影中に流行っていたのが『A・RA・SHI』で、山田孝之さんとも撮影中よく口ずさんでいた同世代のスターです。そんな松本さんが殿になる。私も殿を助けることのできる立派なくのいちに現場でもなれたらなと思っています」と明かした。

■キャスト発表第3弾では、松山ケンイチらの出演も決定

今回の発表は、大河ドラマ「どうする家康」公式Twitterにて行われており、キャスト発表の第3弾となる。大河ドラマ「どうする家康」公式Twitterでは、「徳川家臣団~こんなくせ者が周りにいて、どうする?~」と題して、出演者が発表。松山ケンイチ、甲本雅裕、波岡一喜、木村昴、猫背椿、千葉哲也に続く7人目のキャスト発表となる。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル