top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

負傷交代で涙…巨人のガッツマン・増田陸が「最も輝く打順」は?

週刊ベースボールONLINE

育成からはい上がって



気持ちを前面に押し出すプレースタイルが増田陸の魅力だ

 巨人の未来を背負って立つ男だ。増田陸は今どきの若者に珍しく、プロ野球の世界で成功したいというギラギラした思いがプレーににじみ出ている。

 6月22日のDeNA戦(東京ドーム)。8回に自打球を左ヒザ付近に当てるとその場に倒れ込んだ。トレーナー、三塁コーチャーを務める元木大介ヘッド兼オフェンスチーフコーチ、ベンチから阿部慎之助作戦兼ディフェンスチーフコーチが駆けつけたが、増田陸は苦痛に顔をゆがめながらも一塁ベンチに戻らない。その場で患部にアイシングスプレーをかけてもらっただけで打席に立った。空振り三振に倒れて途中交代になると、ベンチで涙をぬぐっていた。グラウンドに立てない自分への悔しさがあったのだろう。

 一軍の舞台に立てるのが当たり前ではない。常に危機感と隣り合わせの増田陸はハングリー精神が強い。それは入団してからの歩みも大きく影響しているのだろう。プロ1年目の2019年6月下旬に有鈎骨骨折と三角線維軟骨複合体損傷の手術を受け、21年オフに育成契約に。今年1月の坂本勇人と行った自主トレでは高3の夏以来となる丸刈り姿で再出発した。

 春季キャンプは三軍で迎え、2月15日に二軍へ、4日後の19日に一軍昇格すると練習試合、オープン戦で打率.308をマークし、3月11日に再び支配下に昇格する。5月5日にプロ入り初の一軍昇格を果たすと、途中出場の少ないチャンスで結果を出して、中島宏之、中田翔ら球界を代表する選手たちを押しのける形で一塁のレギュラーに定着。6月3日のロッテ戦(東京ドーム)では佐々木朗希から初回に先制の右中間適時二塁打を放つと、4日の同戦でも7回一死二、三塁で同点に追いつく中前適時打を放ち、逆転勝利に大きく貢献した。


6月4日のロッテ戦で2試合連続のお立ち台へ[左はC.C.メルセデス]

 2日連続のお立ち台では「オフに育成になって自分自身悔しかったですし、自分の人生を変えたいと思って、日々必死にやっていて、ガムシャラやっている結果。これからも続けていきたいと思います」と今年にかける熱い思いを吐露。巨人ファンから大きな拍手を受けた。

一番での起用増


 下位を打つことが多かったが、6月25日の首位攻防戦・ヤクルト戦(神宮)でプロ初の一番に抜擢される。初回に中前打で先制の足がかりを作ると、2回にバックスクリーン右に3号ソロ。6回も左前打で猛打賞1打点3得点と見事に期待に応えた。19得点と打線を牽引する活躍に、「一番で起用されたのでガツガツいこうと思いました。若いのでもっとガツガツいってチームの勝利に貢献できるようにもっと頑張りたい」と野心をむき出しにした。

無限の可能性を秘める22歳


「核弾頭」という言葉が良く似合う。今季は吉川尚輝、丸佳浩が一番で起用される機会が多かったが、チームを勢いづける打者として増田陸が初回から出塁すればベンチも盛り上がる。勝負強さとパンチ力を兼ね備えていることから、四番・岡本和真の後を打つ五番も面白い。

 明秀日立高では同学年の根尾昂(中日)、小園海斗(広島)と共にプロ注目の遊撃手として評価を高めた。入団後はファームで内野のすべてのポジションだけでなく、外野も守った。根尾は投手に転向し、増田陸は一塁でスタメン出場している。プロ4年目の22歳。未来はどのポジションを守るか想像できない。だが、無限の可能性を秘めていることは間違いないだろう。

写真=BBM

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル