top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大谷翔平「テスラ」運転で息抜きが好調の要因だった!渡米時の「ヒュンダイ」から乗り換えた1780万円モデル

SmartFLASH

ボディはクールなマットブラック。後部の上下開閉式「ファルコンウイングドア」は、スーパーカーのオーラを放つ。助手席に座るのは、中継でお馴染みの水原一平通訳(写真・アフロ)

 

 MLBオールスターファン投票の中間発表でア・リーグDH部門の2位になった6月22日(日本時間)、大谷翔平(27)は打者としてロイヤルズ戦で3ラン2発に2犠飛と、自己最多の8打点を上げた。

 

 翌日は投手としてロイヤルズを圧倒。初回に連打を浴びたものの、安打はその2本だけ。以降、8回終了まで1安打も許さず、メジャー自己最多となる13奪三振を記録した。

広告の後にも続きます

 

 

 もはや何をやっても驚きではない大谷だが、好調の要因は「息抜きにある」と、現地記者は分析する。

 

 その「息抜き」をすすめたのは、2018年のエンゼルス入団時の監督だったマイク・ソーシア氏。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル