top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

年金0.4%減額は始まりに過ぎない…将来の受給額は2割減に

女性自身

年金0.4%減額は始まりに過ぎない…将来の受給額は2割減に

「6月支給分から、年金が前年より0.4%減となりました。夫が一般的な収入のサラリーマンとして40年働き、妻が専業主婦という“モデル世帯”が受給する年金は、月額22万496円から219593円へと、903円も引き下がりました。年間では10836円ものマイナスです。しかも、急激な物価上昇により、年金は額面以上に“減っている”状態です」

 

こう語るのは、年金博士こと、社会保険労務士の北村庄吾さんだ。そもそも、物価が高騰するなか、なぜ年金が減額されたのだろうか。

 

「少子高齢化で現役世代の人口は減っているのに、寿命が延びたことで年金受給者は増えていきます。現役世代の負担を軽減するため、2016年の年金改定で、現役世代の賃金が下がれば、その分、年金受給額も下げるというルールになったのです」

広告の後にも続きます

 

コロナ禍による景気の落ち込みなどで、過去3年の賃金変動率などが0.4%減ってしまったことで、年金額も同じように減額されてしまったのだ。

 

■年金額は2割減に…生活の見直しが必須

 

年金の減額はさらに続くと、前出の北村さんは分析する。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル