top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

A.B.C-Z・河合郁人の奮闘ぶりに太川陽介「一番恐れていたことをされた」

TVerプラス


河合郁人(A.B.C-Z)が、6月29日に放送された『水バラ ローカル路線バス乗り継ぎ対決旅 陣取り合戦8 爽快!初夏の青森でバトル』(テレビ東京系)に出演。太川陽介との対決に決着を着けるべく奮闘し、驚異の追い上げを見せた。

今回の舞台は青森県。八戸駅から弘前城までを移動しつつ、市町村の陣取り合戦を行う。太川と河合のこれまでの成績は3勝3敗1分けで、どちらも負けられない1戦。河合チームには、安藤美姫と林田洋平(ザ・マミィ)が参加した。しかし、1日目の夕方時点で、河合は太川に3ポイントのリードを許してしまう。

夕方、ボーナスがある五所川原市へ向かう河合たちは、バスの中でミッションになりそうな場所を予想。安藤が「タイコウジ記念館」と発言すると、スタッフに「太宰治じゃないですか?」と苦笑される一幕も。名前は間違えたものの、安藤の予想は的中。すでに閉館しているため、五所川原駅に到着後、林田と河合はバスの時刻表を頼りに明日の予定を立てていく。

一方で安藤は、隣接する「つがる市と鶴田町に行きたい」とタクシー運転手に打診。1日目の制限時間までに移動できると分かり、河合はタクシーを使う決断をする。タクシーは1万円まで使用可能で、使いどころが試されるアイテム。制限時間の15分前に到着した河合たちは暗闇をダッシュし、ぎりぎりで陣の獲得に成功した。これには太川も「一番恐れていたことをされた」「やられた」と河合の作戦の上手さを認めることに。

翌日、河合は手作りの予定表を2人に渡し、早朝から行動。チームの2人の助言もあり、次々に陣を獲得して怒涛の追い上げを見せていく。2日目は太川が取りにくる陣を先取りして、これ以上ポイントを渡さない作戦だったが、地元の人の話を聞いてすぐに方針転換する。

ネット上では河合の奮闘ぶりに「戦略家」「経験を活かしてる」「太川さんの好敵手になってる」「見応えあった」などの声が寄せられた。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル