top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

道民が函館駅で「人命を救いました」 五稜郭駅に行こうとする修学旅行生に伝えた言葉

Jタウンネット

函館の五稜郭といえば、土方歳三を思い浮かべる人がいるかもしれない。

幕末期、新選組の鬼の副長として知られた土方は、1868年(明治元年)、旧幕府軍の榎本武揚らとともに箱館を訪れ、五稜郭を拠点に、新政府軍と戦った。

土方歳三推しだけでなく、「ゴールデンカムイ」や「ラブライブ」の聖地巡礼の旅先として人気がある函館から2022年6月19日、五稜郭を目指そうという観光客に向けて次のようなマップが投稿された。

「わかめごはん推進派ぴこ」(@picco_lo_)さんが投稿したマップは、JR函館駅から五稜郭を目指すときは、JR五稜郭駅に行くのではなく、路面電車で五稜郭公園駅まで行き、そこから歩くことを勧めている。

ツイートには、次のようなコメントも添えられている。

「五稜郭に行きたくてJR函館駅で切符買おうとしてる修学旅行生に『そっちじゃないですよ!!JR五稜郭駅は五稜郭からクッソ遠い何もない所ですよ!!五稜郭はあっちの路面電車に乗って五稜郭公園駅で降りて徒歩10分ですよ!!!』と声かけて人命を救いました」

広告の後にも続きます

JR五稜郭駅経由で行こうととする人に声をかけて、路面電車に乗ることを勧めたということだ。「人命救助」と自らの行動を讃えている。

実はこれ、函館市民にとっては常識だ。JR函館駅には、「五稜郭公園へは市電・バスが便利です」という見出しの案内板も、券売機のそばに設置されているのだが……。観光客にはちょっと探しづらいかもしれない。修学旅行生に限らず、五稜郭を目指す人たちは、けっこう函館駅で迷っているらしい。

投稿者が「人命救助」した時、いったいどんな状況だったのか?  Jタウンネット記者は「わかめごはん推進派ぴこ」さんに詳しい話を聞いた。

「JR五稜郭駅」じゃないですよ!」

投稿者「わかめごはん推進派ぴこ」さんは、当日の状況について、こう話した。

「6月18日の昼12時頃、偶然函館駅で人と待ち合わせしていたときの出来事です。改札上の電光掲示板を見ながら『五稜郭行き30分後だってさ』『あっ、ここICカード使えないんだ』と会話している高校生グループ(5~6人くらい)がいたので『もしかしたら五稜郭(史跡)に行くために五稜郭(駅)に行こうとしてる…?』と思い『どこに行きたいんですか?』声をかけました」
「学生時代に3年間観光のアルバイトをしていた名残りで、困っている観光客は積極的に助けたいと思っています。わたしも出身は函館ではないですし、よく旅先で迷子になるタイプの人なので、『その気持ちわかるよ……!』と思っています](「わかめごはん推進派ぴこ」さん)

また函館の交通事情に関しては、こう語った。

「一口に『五稜郭』といっても、史跡の五稜郭 、地名の五稜郭町 、バス停の五稜郭、路面電車の電停の五稜郭公園前などが存在し、同じような地域に集結しています。ところが、JR五稜郭駅だけ、えらい離れたところにあるんですよね。
ちなみにJR五稜郭駅は自動改札すらないので、初めて降りたときは名前の華々しさからかけ離れていてびっくりしました」(「わかめごはん推進派ぴこ」さん)

しかも駅の周りは何も目印がなく、車前提の道路が多く、風が強い上に時期によっては雪が降っているため、土地勘がない人が30分歩くのは「かなり怖いと思います」とのことだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル