top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「プリ姫」ママ、パパとの離婚後に産んだ子供は「医学的な力を借りた」

yutura

「パパ」からの暴力やレイプを告白し、元メンバーである「もとちゃん」こと大河内基樹氏との間に3児をもうけていたことを明かした「プリンセス姫スイートTV」(登録者数175万人)の「ママ」が、視聴者から寄せられたさまざまな疑問に回答しました。

親権を取り戻して一緒に暮らしたい

ママは、財産分与の合意書、チャンネルの収益分配、ひめちゃん・おうくんの親権と面会交流についてパパと話し合いをすることになったといい、親権についても家庭裁判所に申し立てることを考えていると語ります。ひめちゃんとおうくんの意思を尊重すると前置きしつつ、「ひめちゃんとおうくんの親権を取り戻して、また一緒に暮らしたい」とコメントしました。

ひめちゃんは、以前パパのところに泊まった後に態度が豹変したことがあったらしく、自身のように“洗脳”されているかもしれないと不安を口にするママ。パパの家を訪ねたものの、部屋には入れず、その後も何度も2人を取り戻す計画も立てたそうです。一度はひめちゃんの携帯番号を教えてもらったものの、それがパパにバレたらしく、連絡がつかなくなってしまったのだとか。

警察から帰ってきたパパは川原で夜を明かす

Smart FLASHの記事では、2012年にママが包丁を振り回し、警察が自宅にやってくる騒動があったと報じられていました。前回の動画でママはこれを否定し、警察が来たのはパパの暴力がキッカケだと説明していましたが、今回、改めて騒動の詳細を語りました。

ママによると、その日は警察官が3人やってきて、パパだけが警察署に連れて行かれたとのこと。パパは「もう暴力を振るわない」と約束して帰されたといい、警察からは安全のため自宅には泊めないよう勧められたそう。当時は「本当にお金がなかった」ため、パパは川原で一晩を明かしたようです。翌日、パパには離婚届を書いてもらったものの、義母からママが我慢するべきだと説得され、離婚は思いとどまることに。

広告の後にも続きます

パパの暴力や浪費の証拠についてママは、パパ直筆の誓約書が数枚、DVの写真・音声が2年分、パパの消費者金融のカードにママとひめちゃんの日記などがあると発言。ただし「目にするだけで当時のことを思い出してしまって震えが止まらなくなる」ため、YouTube上では見せるつもりはないとのこと。ママは、パパを「憎んでも恨んでもいません」「苦しめようとも追い詰めようとも思っていません」とした上で、事実ではないことをきちんと証明したいと訴えています。

パパが親権を持っている理由

前回の動画では、現在2人の子供の親権はパパが持っていることが明かされていましたが、2018年の離婚時には、親権はママにあったそう。プリ姫のチャンネルを続けるには、子供とパパが一緒にいる必要がある一方で、ママはパパと一緒にいると体調が悪くなるため、「(ママが)身を引かざるを得ない状況」にさせられたのだとか。

あるとき大阪の警察から「ママがおうくんを学校に行かせず動画撮影をしていると通報が入った」と連絡があったといい、事務所に行くと警察官2~3人と、事務所の社長やマネージャーが待っていたそう。警察官は「学校に行かせていない虐待の罪」だと指摘してきたそう。ママは、自分たちは殺害予告を受けており、被害届も出していると説明。
(関連記事「人気キッズチャンネル「プリ姫」アンチに逆襲開始。個人情報を入手して告訴へ」)

おうくんの通う学校が特定されないよう、ほかの生徒が帰ってから学校に行って、先生と勉強していると説明し、撮影で出席できない日も教頭に連絡していると伝えたものの、警察官は「理由がどうあれ学校に通わせていない日があるのなら十分虐待」と回答。「あなたを絶対に逮捕する」と迫ってきたといいます。一方で、親権者ではないパパは逮捕されないと説明があったらしく、

その警察署の署長と仲良しだと日頃から言っていた事務所の社長も、「今回ばかりは守ってあげられないねぇ。早くおうくんと親権、パパに渡さないととんでもないことになるよ」と言ってきました

今思い返すと「仕組まれていた」と口にするママですが、子供を守るため親権を手放す決断をしたようです。ママは、虐待は一度もしたことがないと断言しています。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル