top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

松田聖子が「唯一無二」な理由とは?

BOOKウォッチ

松田聖子の誕生(新潮社)<amazonで購入>

「えくぼの~~秘密あげ~た~い~わ~」と、デビュー曲「裸足の季節」を伸びやかな声で歌い上げ、一躍スターへの道を駆け上がった松田聖子さん。40周年を越えた今もなお、輝き続けている。


「松田聖子」を見出し、支え続けたのがプロデューサーの若松宗雄さんだ。2022年7月19日、若松さんの著書、『松田聖子の誕生』(新潮社)が発売される。

初公開となる「運命のカセットテープ」。右上に「蒲池」の文字が見える(画像)
「全身全霊にショックを受けた。福岡県に住む16歳の歌声はどこまでも清々しく、のびのびとして力強かった。明るさとしなやかさと、ある種の知性を兼ね備えた唯一無二の響き」
「すごい声を見つけてしまった」
若松宗雄さん

1978年5月のこと、CBS・ソニーで新米プロデューサーとして働いていた若松さんは、松田聖子(当時、蒲池法子)さんの声に衝撃を受ける。オーディション「ミスセブンティーン・コンテスト」九州大会のカセットテープを再生し続け、スターの原石を探しているときのことだった。

ところが、デビューにはハードルが幾重にも立ちはだかる。聖子さんの父親の強い反対、新米プロデューサーである若松さんの孤立無援、難航するプロダクション探し、決まらないデビュー日……。2人はどのように乗り越えていったのか。

本書では、本邦初公開となるカセットテープの存在に加え、上京前の聖子さんから届いた6通の手紙やデビュー前夜の秘話も明かされる。巻末には、若松さんがプロデュースした1stアルバム『SQUALL』から15thアルバム『Citron』まで、その他シングルの解説や楽曲制作のエピソードも記されている。

■目次
前書

序章 運命のカセットテープ
歌声との出会い/ ミスセブンティーン・コンテスト

第1章 父親の許しをもらうまで
反応の薄い同僚たち/ 企画制作6部の新設/ 「はい蒲池です。法子です」/ 紺色のワンピースで/ 驚きつつ見守る母親/ 1978年、夏休みに上京/ 「許すつもりは一切ありません」/ 西鉄グランドホテルで父親と対面/ 突然、聖子から届いた手紙/ 女性スタッフに頼んで電話/ モノレールで語った決意/ 「娘がどうにもならないんだ」

第2章 決して偶然でなかった出逢い
夢に見たCBS・ソニーへ/ 群馬の「おじいちゃん」/ 最初の就職先は観光会社/ キングレコードの制作部へ/ 東芝レコードの準専属歌手だった兄/ 営業担当としての経験/ 直感から『霧の中の二人』がヒット/ 歌の心にも触れた広島の日々/ 杉良太郎さんがくれた言葉/ 初担当はキャンディーズ/ 産みの苦しみ
第3章 難航するプロダクション探し
「ああいう子は売れないんだよ」/ 歌謡界の中心に山口百恵/ 聖子からの4通目の紙/ サンミュージック・相澤社長に懇願/ なんとしてもデビューさせる/ 少女らしい清廉な文字/ 多くの人に愛される資質
第4章 デビューのための上京
土砂降りの福岡空港/ 静かに伝う涙/ 堀越学園への編入/ 増え始めた業界内のファン/ レコードデビューと「もう一人の新人」/ 運を引き寄せる力/ 『裸足の季節』はまさに裸足のままで/ 小田裕一郎さんの自宅兼オフィスへ/ CM撮影前の「エクボ」事件/ ガラスブースの向こうの涙/ 記念すべきデビュー日/ 初めての歌番組でのこと/ 『夜のヒットスタジオ』での進化

第5章 スターへの階段
『青い珊瑚礁』がひらいた新時代/ 聖子の歌唱法/ 発売から2か月かけて頂点へ/ 田原俊彦くんとの共演/ 自らプロデュースする力/ アイドルとして異例の売れ行き/ クレジット表記の狙い/ 日本の音楽の実験場に

第6章 松田聖子は輝き続ける
楽曲制作のこだわり/ クリエイターと築いた松田聖子の世界/ 大滝詠一さんとの出会い/ 映画、海外レコーディングで放つ輝き/ 誰にも同じように接していくこと/ ミキシングとマスタリング

アルバムとシングルについて
1stTアルバム『SQUALL』(1980年8月1日発売)
2ndアルバム『North Wind』(1980年12月1日発売)
3rdアルバム『Silhouette』(1981年5月21日発売)
4thアルバム『風立ちぬ』(1981年10月21日発売)
5thアルバム『Pineapple』(1982年5月21日発売)
6thアルバム『Candy』(1982年11月10日発売)
7thアルバム『ユートピア』(1983年6月1日発売)
シングル『ガラスの林檎』『SWEET MEMORIES』(1983年8月1日発売)
8thアルバム『Canary』(1983年12月10日発売)
9thアルバム『Tinker Bell』(1984年6月10日発売)
10thアルバム『Windy Shadow』(1984年12月8日発売)
11thアルバム『The 9th WAVE』(1985年6月5日発売)
12thアルバム『SOUND OF MY HEART』(1985年8月15日発売)
13thアルバム『Supreme』(1986年6月1日発売)
14thアルバム『Strawberry Time』(1987年5月16日発売)
15thアルバム『Citron』(1988年5月11日発売)
後書

広告の後にも続きます

聖子ちゃんカットを真似していた世代も、その子ども世代も、どの時代からのファンが読んでも興味深い、ここでしか読めない情報が詰まった一冊。


※画像提供:新潮社


書名:  松田聖子の誕生 監修・編集・著者名: 若松宗雄 著 出版社名: 新潮社 出版年月日: 2022年7月19日 定価: 902円(税込) 判型・ページ数: 新書版 ISBN: 9784106109607

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル