top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

立憲民主党、参院選「大阪復活」ポスターを撤去 画像サイトの規約違反で…「心よりお詫び」

J-CASTニュース

立憲民主党大阪府総支部連合会は、参院選大阪選挙区(改選数4)の確認団体のポスターで使用していた写真が、Adobeの画像提供サービス「Adobe Stock」の制限規定に抵触していたとして、2022年6月28日に公式サイト上で謝罪した。ポスターは「速やかに撤去いたします」としている。

ポスターをめぐっては、同党の公認候補者がツイッター上に「大阪復活」と書かれたポスターを投稿したものの、使われた写真に「Adobe Stock」と書かれた透かしが入っていたため、ユーザーから指摘が相次いでいた。

「大阪独自の政党ポスターです。いい感じでしょ?」

ポスターは立憲新顔の石田敏高氏(57)が、22年6月24日にツイッターに投稿。「大阪復活」というフレーズが大きく掲げられ、たこ焼きを手にした女性の写真と、下町の路地を映した写真が使われていた。石田氏は「大阪独自の政党ポスターです。いい感じでしょ?」とツイートしていた。

しかし、使われた2枚の写真には、「Adobe Stock」と書かれた透かしが斜めに入っていた。写真はプレビュー用のものを使ったとみられ、ユーザーからは写真の使用ライセンスを取得していないのでは、などと疑う声が相次いでいた。石田氏は28日にツイッターで、使用ライセンスを取得の上、ポスターはデザイン段階のものを投稿したと説明していた。

石田氏の公式サイト上でも、同様の事例が確認できた。自身が保育士の資格を取得していることを伝える箇所で、園児たちの後ろ姿が映った写真を使用していたが、ここにも「Adobe Stock」の透かしが入っていた。

そもそも規約では政党の運動への利用を禁じている

広告の後にも続きます

「Adobe Stock」の利用規約では、「政党やその他主義主張に基づく運動の黙示もしくは明示の支持」のために素材を用いることを禁じている。

党大阪府総支部連合会は28日、公式サイト上で「第26回参議院通常選挙大阪府選挙区の確認団体ポスターに使用した写真について、Adobe Stock制限規定抵触により、使用を中止いたしました」と報告。「現在提示されているものにつきましては、速やかに撤去いたします」とし、「関係各位に心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

6月29日19時現在、石田氏のツイッターからはポスターの投稿が削除され、石田氏のサイトに使われていた園児の写真も削除されている。

TOPICS

ジャンル