top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

沖縄・玉城知事、コロナ感染判明前のライブハウス訪問に批判 オーナーは「ノーマスクはあいさつなどのときだけ」と強調

J-CASTニュース

新型コロナウイルスに感染した沖縄県の玉城デニー知事(62)が、感染判明前にライブハウスを訪問し、そのときのノーマスク姿がツイッターに投稿されて批判が広がっている。

玉城氏を支える「辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議」では、「通常はマスクをしていますが、支持者から希望があれば少し外すことはあります」と取材に説明した。ライブハウスのオーナーにも、当時の話を詳しく聞いた。

「感染対策のトップとして自覚が足りない」との声も

半袖姿のラフな恰好をした玉城氏が、出演者らが横にいる中で、マスクをせずにマイクを握っている。

この写真は、2022年6月26日にツイッターに投稿された。さらに、玉城氏が飲食店で若い女性2人に囲まれ、ノーマスクでポーズを取る写真もあった。

投稿者は、沖縄は依然として感染が収まらずに深刻な状況なのに、玉城氏は何をやっているのかとツイッターで疑問を呈した。

広告の後にも続きます

地元紙の報道や沖縄県の秘書課が29日に取材に答えたところによると、玉城氏は27日の19時26分ごろ、親族の感染を知らされた。玉城氏は前日の26日に、この親族とノーマスクで1時間半ほど接触していた。

27日は、県議会が開かれており、玉城氏はその後も、19時40分から55分間にわたって答弁に立った。秘書課では、「その時点では濃厚接触者だとは確認できませんでした」と取材に答えたが、議会では、野党議員から対応はできたはずだと批判が出ていると報じられている。

玉城氏は、28日午前にPCR検査を受け、コロナ陽性だと診断された。玉城氏は、ワクチンの3回接種を済ませており、コロナ感染は初めてだという。議会で近くにいた副知事や部局長ら23人についても、検査が行われたが、全員陰性だった。

玉城氏のコロナ感染が県から報道発表されると、ツイッター上では、ライブハウスでのノーマスク写真が改めて取り上げられ、感染対策のトップとして自覚が足りないのではないかと批判の声も出た。

「通常はマスクするが、支持者の希望で少し外すことはある」

玉城氏は、ライブハウスなどで感染したのではないかとの声も出たが、県の秘書課は、「親族から感染した蓋然性が高いと考えています」と取材に説明した。

同課によると、玉城氏は親族と接触する前の6月24日にライブハウスを訪れていたが、「公務として行かれたわけではありませんので、詳細については把握していません」と話した。ただ、マスク着用が適切だったかについては、「その状況については、確認しているところです」と答えた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル