top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「グラブの位置で球種がバレるんだよ!」トラウトが呆れ顔でセンターから若手ピッチャーにクセを指摘 「ゲーム中に珍しい光景」

ABEMA TIMES

【MLB】エンゼルス4-11ホワイトソックス(6月28日・日本時間29日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・DH」で先発出場したホワイトソックス戦で、7回にエンゼルスの若手ピッチャーがホワイトソックスに連打を浴び大量失点のきっかけを作ってしまった。このとき、センターを守るトラウトがピッチャーに向けて投球時のクセを指摘する一幕があり注目を浴びた。

【映像】トラウトが試合中に投手のクセを指摘

 3-5とエンゼルス2点を追いかける展開で迎えた7回、エンゼルスは6回途中に登板した4番手ペゲーロを引き続きマウンドに送った。これが大誤算。ペゲーロはこの回先頭のボーンを四球で歩かせると、続く打者にはレフト前ヒットを打たれる。ここで4番アブレイユにタイムリーツーベースを打たれ2点を失うと、シーツにもボールを見極められ四球を与えたところであえなく降板となった。

 このとき、1アウトも取れず交代となったペゲーロに対し、センターを守るトラウトがジェスチャーで「投球モーション時のグラブを置く位置でバッターに球種がわかってしまう」ことを伝えているような様子が映し出された。試合中に守備位置からピッチャーにクセを指摘するという光景に、ABEMAで解説を務めた紀田彰一氏も「ゲーム中にこうやって何か言うっていうのも、すごく珍しいですね」と言及した。

広告の後にも続きます

 この指摘について、ABEMAの視聴者は「トラウトすげえ」「すぐ気付くのすげーなw」とトラウトの観察眼を称賛。また、メジャー2年目と若いペゲーロにトラウトが厳しく指導しているように見えたこともあり、「トラウトあきれてる」「トラウトおこ」「トラウトこれにはがっかり」「トラウト、やれやれ…って顔だな」など未熟さを露呈したピッチャーにトラウトが呆れていると指摘するコメントも多く寄せられた。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル