top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「(G)I-DLE」SHUHUA、「WATERBOMB」のステージ中に顔を水攻撃されて怒りをあらわに

ワウコリア


韓国ガールズグループ「(G)I-DLE」メンバーのSHUHUAが、イベントでのステージ中に水鉄砲で顔を目掛けて攻撃されたことに対して怒りをあらわにした。

SHUHUAは26日、「(G)I-DLE」公式VLIVEチャンネルのライブ配信で「皆さんに言いたいことがある」と話し始めた。

続けて「今、WATERBOMBに出演して来たけど、あんなに(ひどく)するとは思わなかった。すごく驚いた。顔に向けて水をあんなにかけるなんて。誰がしたの?コンタクトレンズをしている状態で、水をよけてから目を開けたけど見えなかった。30秒間、人が見えなかった」とステージ中の”とんでもない経験”を振り返った。

さらに「皆さん、適当にしてって言ったでしょう。あり得ると思ったんですか。私が程よく、優しくやってと言ったでしょう。どうしてなの。顔を目掛けて撃った人を見ていた。道で会わないようにしよう」と警告した。

「(G)I-DLE」は今月26日、ソウル・チャムシル(蚕室)総合運動場で開催されたイベント「WATERBOMB 2022」に出演し、ヒット曲「TOMBOY」などを披露。

広告の後にも続きます

SHUHUAが水鉄砲での攻撃に怒りをあらわにした後、いくつかのインターネットコミュニティーサイトで観客がメンバーに向けて水鉄砲で撃つ様子が分かる映像が公開された。特にSHUHUAはダンス中に観客から顔を目掛けて水を撃ち込まれ、戸惑いながら水をよけるために背を向けた。それでも観客は水鉄砲で撃ち続けた。

リーダーのSOYEONが「撃ってもいいんだけど、目にだけは撃たないで」と訴える場面もあったという。

一方、イベント「WATERBOMB」はアーティストと観客がチームになって戦いながら音楽を楽しむウォーターイベントとなっている。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル