top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

猿之助と中車の小鍛冶から、白鸚と幸四郎の勧進帳、仁左衛門と玉三郎の桜姫まで 『四月大歌舞伎』観劇レポート

SPICE

『四月大歌舞伎』



2021年4月3日(土)に、東京・歌舞伎座で『四月大歌舞伎』が開幕した。千穐楽28日(水)まで、1日三部制で上演される。第一部では松本白鸚が本興行としては史上最年長となる78歳で『勧進帳』の弁慶を勤め、刀剣ファンにお馴染みの名刀にまつわる舞踊劇『小鍛冶』を、市川猿之助と市川中車が踊る。第二部では、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』で注目された明智光秀が題材の名作『絵本太功記』に中村芝翫、尾上菊之助らが出演し、梅玉と孝太郎による『団子売』。第三部は、片岡仁左衛門と坂東玉三郎が『桜姫東文章』で36年ぶりに共演するとあり、公演情報が解禁されるや話題となった。本稿では、第一部と第三部をレポートする。

※第二部のレポートは先行公開! 『芝翫×菊之助らの名作義太夫狂言に、梅玉×孝太郎の多幸感溢れる舞踊劇『四月大歌舞伎』第二部観劇レポート(https://spice.eplus.jp/articles/285367)』

■猿之助と中車が刀を打つ『小鍛冶(こかじ)』

第一部の序幕は、猿翁十種の内『小鍛冶』。二世市川猿之助が、能の『小鍛冶』を題材とした先行作品を参考にしながら、さらに能の要素を加えて再構成し、1939年に初演した。二世猿之助と多くの新作舞踊を創り出した劇作家・木村富子の作。登場するのは、中車が勤める刀工・小鍛冶宗近(むねちか)と、猿之助が勤める童子(実は稲荷明神)。

広告の後にも続きます

紅葉した山並みが広がる稲荷明神。そこにやってきた宗近は、緊張感を漂わせている。一条天皇の勅命で、刀を打つことになったものの、ふさわしい相槌(一緒に刀を打つ助手的な存在)のあてがなく悩んでいるのだ。稲荷明神の加護に頼ろうとやって来ると、ふと赤い葉がはらりと舞い、どこからともなく童子が姿を現した。童子は不思議と、宗近の事情を察しているのだった……。

中車は、能の要素を含んだ舞踊を厳粛に舞い、宗近の心情を明瞭に描き出す。猿之助は愛らしく、妖しく、そして気高く童子を勤め、舞台を神秘的な空気で包む。稲荷明神でのエピソードは前半と後半に分けることができ、その間を巫女(中村壱太郎)と、宗近の弟子たち(市川猿弥、市川笑也、市川笑三郎、市川猿三郎)の場面がつなぐ。一人ひとりの個性が光る、賑やかで明るい舞踊で楽しませた。クライマックスは宗近と(先ほどは童子姿だった)明神様が向き合い、テンポよく音を鳴らして刀を鍛える。実際に猿之助と中車により打ち鳴らされ、場内に響いた音の清らかさが耳に残っている。

■白鸚と幸四郎の『勧進帳』

続く『勧進帳』は、A日程では、武蔵坊弁慶を白鸚が勤め、関所で弁慶を詮議する富樫左衛門を幸四郎が勤める。B日程では弁慶を幸四郎が、富樫を尾上松也が勤める。

安宅の関では、鎌倉幕府の命令により富樫が警備にあたっている。そこへ、強力の姿に身をやつした義経(中村雀右衛門)と、山伏の姿の弁慶、四天王(亀井六郎/大谷友右衛門、片岡八郎/市川高麗蔵、駿河次郎/大谷廣太郎、常陸坊海尊/松本錦吾)がやってきて、通行許可を願う。富樫は一行の正体を疑う。そこで、勧進を行う山伏だと言うなら勧進帳を読み上げるよう命じる。弁慶はとっさの判断で、何も書かれていない巻物を広げ、本物の勧進帳のように読み上げるのだった……。

幸四郎の弁慶は、みなぎる力を知性と忠義の心で何とか内へとどめているかのような、エネルギッシュな印象だった。松也は声の良さを存分に生かし富樫を勤める。前半の一触即発のエキサイティングな心理戦から、後半に幸四郎が見せる舞踊、飛び六方での引っ込みまで、華やかさと疾走感のある『勧進帳』だった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル