top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

菊五郎の勘平、松緑×猿之助の土蜘、菊之助の鏡獅子『五月大歌舞伎』歌舞伎座観劇レポート 

SPICE

『五月大歌舞伎』



東京・歌舞伎座で『五月大歌舞伎』が開幕した。政府の緊急事態宣言を受け、5月3日から11日までの9日間の公演が中止となり、12日(水)から28日(金)千穐楽までの開催となった。5月は1日三部制で6演目が上演されている。座席は、客席数(1808席)のうちの50%(904席)に制限し、各部が終わるごとに観客、出演者が入れ替わる。全三部をレポートする。

■第一部 午前11時開演

一、三人吉三巴白浪(さんにんきちさともえのしらなみ)​ 

『三人吉三巴白浪』より「大川端庚申塚の場」が序幕を飾る。同じ「吉三」の名前をもつ3人のアウトローが偶然出会い、お互いの血を飲みかわし義兄弟の契りを結ぶ名場面だ。9日遅れの初日となったこの日、定式幕が開くとまだ誰も登場していない舞台に向けて拍手が起きた。何となくパラパラおきたものではなく、はっきりとした輪郭のある、観客から歌舞伎座へのエールのような拍手だった。

広告の後にも続きます

入場の際はセルフでチケットを切り、検温と手指の消毒を。  撮影:塚田史香


これを受けて舞台に立つのが、お嬢吉三に尾上右近、お坊吉三に中村隼人、和尚吉三に坂東巳之助。いずれも初役だ。さらに夜鷹おとせで、同世代の中村莟玉も出演する。右近が演じるお嬢吉三は、女性ではなく女装をした盗賊だ。台詞や態度に垣間見せるやんちゃさと、見た目の美しさとのギャップで、他の女方の時とは異質の色気を放っていた。「こいつぁ春から縁起がいいわえ」に至るまでの名台詞は、のびやかに歌舞伎座に響き、大きな拍手をおこした。隼人はスレた印象の見た目の内にも、“お坊”らしい品をみせる。和尚吉三役の巳之助は、ちょっとした台詞においても本寸法の可笑しみがある。そこに和尚の心の余裕を感じさせ、お嬢とお坊だけでなく、観る者にとっても心のよりどころとなる存在感があった。

二、新古演劇十種の内 土蜘(つちぐも)

源頼光の土蜘蛛退治の伝説をもとに作られた演目。病気療養中の頼光(市川猿之助)が、見舞いに訪れた平井保昌(坂東亀蔵)に経緯を話し、侍女・胡蝶(坂東新悟)の舞に癒されていると、あやしげな僧があらわれる。智籌(ちちゅう/尾上松緑)と名乗り、病が治るのを祈りに来たというが……。

戦いの火ぶたを切るのが、太刀持の音若(尾上菊五郎の孫の寺嶋眞秀)。果敢に挑む姿に拍手がおくられた。本性を現した土蜘の精(松緑)は、形相も動きも不気味で凄みがある。そんなモンスター討伐の一幕だが、舞台は終始華やかな空気に満たされている。松緑が踊りで魅せ、千筋の糸は千の神経が巡っているような美しさで広がった。猿之助の頼光の佇まいは、作品全体の品を底上げする。音楽は力強く、笛の音も印象的だった。保昌を筆頭に、渡辺源次綱(中村福之助)、坂田公時(中村鷹之資)、碓井貞光(尾上左近)、ト部季武(市川弘太郎)も、個性豊かで頼もしい。ラストに向けて、エネルギーのぶつかり合いが伝わってくる盛り上がりだった。

終演後、上の階からエスカレーターで降りてくる方々が、通路奥の何かに気づき会釈をしていた。のぞいてみると、消毒液のタンクを背負ったスタッフが、整列しスタンバイしていた。歌舞伎座では、昨年8月の再開以来、各部が終わるごとに場内の座席に消毒液が散布され、肘掛の拭き掃除が行われているという。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル