top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

菊五郎のお婆さん、白鸚の甚五郎、芝翫の弁慶、 猿之助の日蓮も登場! 仁左衛門と玉三郎の奇跡の桜姫が大団円へ~歌舞伎座『六月大歌舞伎』観劇レポート

SPICE

『六月大歌舞伎』



2021年6月3日(木)、東京・歌舞伎座で『六月大歌舞伎』が開幕した。千穐楽は28日(月)。第一部は尾上菊五郎、中村芝翫、続く第二部では片岡仁左衛門と坂東玉三郎、さらに第三部では松本白鸚、市川猿之助らが出演し、「大歌舞伎」と呼ぶにふさわしいバラエティに富んだ演目が並ぶ本公演をレポートする。

■第1部 11時開演

一、御摂勧進帳 加賀国安宅の関の場

「芋洗い勧進帳」の通称で親しまれる本作の主人公は、武蔵坊弁慶(芝翫)。

広告の後にも続きます

オープニングから、新庄鈍藤太(中村松江)や出羽運藤太(中村吉之丞) の掛け合いが楽しく、歌舞伎十八番『勧進帳』とは明らかに世界観が違う。

兄の頼朝に命を狙われる源義経(中村雀右衛門)は、忠臣の四天王(大谷桂三、中村歌昇、市川男寅、中村歌之助)、そして弁慶を伴い、都から逃げている。山伏に変装した一行は、安宅の関を突破しようとするが、関守に呼び止められてしまう。義経、大ピンチ! そこへようやく弁慶が追いつくのだった。

花道からドカドカ登場する弁慶は、歌舞伎十八番ver.の弁慶の品のある装いと思慮深いキャラクターと、まるでちがう。緋色の衣(ベスト?)に毬栗鬘。足元は金色の鋲(スタッズ?)が入った緋色の履物(レギンス?)というド派手な出で立ち。関所で呼び止められるのもいたし方ない。勧進帳こそ読み上げるが、今回の弁慶は(主君への申し訳なさとは別の理由で)わんわん泣いたり、暴れたり。クライマックスには巨大な天水桶の上に立ち、桶の中の番卒たちの生首を金綱杖でゴロゴロかき混ぜる“芋洗い”を披露する。

興味深いのは、『芋洗い勧進帳』が、歌舞伎十八番の『勧進帳』よりも歴史が長いところだ。決して歌舞伎十八番のパロディではない。現代劇で再現したら物騒&シュールすぎる“芋洗い”が、大らかな荒事のハイライトとして成立するところに、歌舞伎の懐の深さを感じる。観ている側は、縁起の良いものを観た気持ちにさえなる。それもそのはず。江戸時代、疱瘡(天然痘)のことを「芋」と呼び、緋色には疱瘡除けの力があると信じられていた。芋を洗う本作には、疫病退散の願いが込められている。芝翫の弁慶による豪快な芋洗いに、大きな拍手が贈られた。

二、夕顔棚

2演目は、大らかな時代物から一転、清元の舞踊『夕顔棚』が上演される。菊五郎がお婆さん役を、市川左團次がお爺さん役を勤める。お風呂上がりの2人が、庭先で夕涼みをする。軒先には夕顔が咲き、空には白い月がぼんやりと浮かぶ。そこへ、花燈籠を頭に掲げた里の男(坂東巳之助)と里の女(中村米吉)が、お揃いの浴衣で手をとりあって訪ねてくる。盆踊りへの誘いだ。瑞々しく愛らしい若い2人に、爺と婆は、昔の自分たちを重ねてみるのだった……。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル