top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

丸の内勤め必見。提供まで3分「ロボットがつくるパスタ」のクオリティがすごかった!

マイナビウーマン

毎日やってくるランチタイム。みなさんはどんなものを食べていますか? 私はもっぱら外食なのですが、取材などに出る日はお昼をゆっくり食べられないこともしばしば。でもせっかく外食するなら、おいしいものを食べたいですよね。

6月30日に東京・丸ビルにオープンする「エビノスパゲッティ」は、絶対的に味が保証されたパスタをサクッと味わえる新業態のお店。今回、マイナビウーマン編集部が、“新業態”と名乗る所以を探ってきたので、みなさんにお伝えします!

■ロボットがつくる本格パスタとは?

東京駅目の前の丸ビルの地下1階に新しく開店する「エビノスパゲッティ」は、世界初のパスタ自動調理ロボット「P-Robo」を導入した店舗となっています。

「P-Robo」は、1食目は約75秒、2食目以降は約45秒でパスタ調理が可能なパスタ自動調理ロボット。入店後に座席にあるQRコードから注文後、ロボットが稼働。冷蔵庫から具材を取ったり、パスタを投入したりと、調理の一連の流れをロボットが行います。そして盛りつけは、スタッフの手で行われ、美しくおいしいパスタとして、提供されるのです。

広告の後にも続きます

店舗では8種類のパスタを用意。パスタによって麺の茹で時間や調味料の量が綿密に調整されているので、いつ来ても同じ味を食べれるのがロボットがつくる強みです。

■驚きのおいしさ! 味変して好みのパスタを作っても◎

今回、私は一番のおすすめという「ペペロンチーノ」を注文。麺の茹で加減、味ともに好みすぎて「本当にロボットがつくったの?」と驚くほど。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル