top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

渋川清彦“孝太郎”、松澤匠演じる青年から聞いた町中華へ…

TVerプラス


渋川清彦が主演を務める新水ドラ25『ザ・タクシー飯店』(テレビ東京系、毎週水曜25:00~)の第5話が、6月29日に放送される。

本作の舞台となるのは、タクシー。渋川は、町中華を愛し、人付き合いが苦手なタクシードライバー・八巻孝太郎を演じる。そんな八巻が、かつて働いていたタクシー会社の若社長・増保健壱役を高木雄也(Hey!Say!JUMP)が。八巻の元同僚の東屋敷要役を、宇野祥平が務める。そして、本作のもう一つの主役が「町中華」。熱気や食欲をそそる油の匂い、心地よいリズムを刻む調理の音。本作は独特な雰囲気を持ち、人を惹きつけてやまない町中華の魅力を全面に打ち出した人情“タクシードライバー飯”ドラマとなっている。

前回の第4話では、東屋敷が八巻を誘って“黄色いカレーが食べられる町中華”へ……。SNS上では「黄色いカレーにソース! 懐かしい」「おじさん二人の会話が心地よい」とホッコリコメントが。また、ビールを飲んでしまった東屋敷と八巻の代わりに、ジュニアこと増保が車を運転する姿に「ジュニアが迎えに来た(笑)」「貴重な運転姿」といった声が上がっていた。

<第5話あらすじ>
ある日の昼下がり、タクシードライバーの八巻孝太郎(渋川)は大きな荷物と鉢植えを抱えた青年・松尾友也(松澤匠)を乗せる。行き先は羽田空港だったが、何かを思い出したように蒲田駅の方をまわるように依頼される。

友也は「蒲田は上京して初めて住んだ町だが、良い思い出ばかりではない」と話し出す。役者になる夢を叶えるために上京したものの、才能の格差に気付き実家に戻り農家を継ぐことにしたという。寂し気に話す友也に、八巻は自身が昔抱いていた夢に対しての思いを語る。そんな八巻の話を聞き、蒲田にある美味しい町中華の思い出を話し出す友也……。

友也を目的地で降ろした後、八巻は友也から聞いた町中華へと足を運ぶ。歴史を感じる店内では大将と女将が手際よく料理を作っていく。カレー飯やハムチャプスイ定食など珍しいメニューが注文されていくが、八巻が頼むものは決まっている。夢破れた青年・友也が頑張った時にご褒美として食べた「五目焼きそばと肉団子」だ。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル