top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

秋山翔吾の広島入りに愕然!? 矢野阪神は「補強打ち止め」の裏事情

アサ芸Biz

 阪神には“裏マジックナンバー”というのがあるらしい。

 本拠地・甲子園球場での中日3連戦を全勝。しかし、前カードの広島戦を2敗1分けと負け越した時点では、最下位DeNAとのゲーム差はゼロ、僅か5厘差の勝率で辛うじて4位をキープする危機的状況にあった。

「3連勝で再び息を吹き返し、3位広島とのゲーム差は2。2位巨人とのゲーム差も3と縮まりました」(スポーツ紙記者)

 中日3連戦を終えた6月26日時点で、阪神は34勝38敗2分け。「勝率5割」「借金返済」も見えてきたが、阪神関係者はこの順位表を見て、別の感想を抱いたそうだ。

広告の後にも続きます

 あと、43勝…。昨季、阪神は77勝56敗10分けでシーズンを終了した。前半戦の独走状態をひっくり返された屈辱はともかく、

「昨季と同じ勝利数に到達すれば、次期監督の選出において、本社グループから口を挟まれないで済むのではないか?」

 との声も聞かれた。

 開幕9連敗など序盤戦の「歴史的な大コケ」がなければ、ここまで苦しむことはなかったはず。その原因は矢野燿大監督のキャンプイン前夜の「今年で辞める発言」に尽きる。阪神幹部は「矢野批判」が出る度に擁護する側にまわってきた。当然のことではあるがフロントは“やりにくさ”も感じているようだ。

「シーズン中の国内トレードはまとめにくい。退団する監督の下で放出される選手のことを考えると、積極的にはなれません」(在阪記者)

 在阪メディアによれば、阪神の監督人事は球団、阪神電鉄が検討し、最終的に親会社である阪急阪神ホールディングスの最終承認を得るという。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル