top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

夜の夏バラを楽しむ年に一度のナイトイベント 京成バラ園「イルミナイトガーデン」

OVO

 夏バラの見頃を7月上・中旬に迎える京成バラ園(千葉県八千代市)で、7月9日(土)から30日(土)の毎週土曜日と7月17日(日)・18日(祝・月)の6日間、夏の夜のライトアップイベント「イルミナイトガーデン」が開催される。年に一度のナイトイベント。夏バラの一部のライトアップを行うほか、3つの温室それぞれに展開される明かりの芸術的な作品群が楽しめる。

 温室の明かりのアート作品は、この春誕生した漆黒のメリーゴーランド「メリーゴーランド ブリリアント ツリー」を初めてライトアップ。木馬には、バラ科のフルーツであるリンゴのランプやガラス作家が製作した宝石などが散りばめられている。シャボン玉が飛び出すバブルガンを片手に乗車し、色彩とシャボン玉に包まれた乗馬が楽しめる(乗馬料1人700円)。

 直径6メートルの巨大ドームの中に入って万華鏡の中にいるような没入感を得られるのが、「光とバラのインスタレーション」。中央にあるミラーボールが回転し、光の粒が飛び交う幻想的なライトアップが楽しめる。また、ローズガーデン「大温室」中央のガラスの回廊には約30個の光るソフトクリームスタンドが立ち並ぶ。同時にカプセルに入ったラバーのアヒルもライトアップされ、「色彩」と「かわいらしさ」をテーマにした作品が楽しめる。

 同イベント限定で開店するガラス温室のライトアップバー「スポットライト」は、普段は庭師しか入れないバックヤードエリアを開放。ガラス温室を活用した特設バーカウンターを設置する。飲食スペースをライトアップし、キッチンカーが楽しめるフード&ドリンクコーナーが展開され、特別な空間で飲食を楽しめる。

 高級手持ち花火を楽しむ「大人の手持ち花火コーナー」は、「線香花火=火の玉がすぐ落ちてしまう」というイメージをくつがえすイベント。現代では希少となった国産の線香花火の製造会社・筒井時正玩具花火製造所の独自の技術による線香花火は、火球が大きく遠くまで飛び、4変化するのが特徴。大人にも新たな発見がある良質な国産花火の世界を体験できる。線香花火5本と手持ち花火1本のセットで1,000円。数量限定。

広告の後にも続きます

 入園料(7月~9月)は大人(高校生以上)・障がいを持つ人500円、中学生以下無料。イルミナイトガーデンの入園に際しては別料金として1,500円が必要。イベント詳細は、同園のホームページから。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル