top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「歯磨きは1日3回」って本当に正しいの? 歯科医師に聞いてみた

オトナンサー


1日に何回、歯を磨いていますか?

【虫歯の5段階】歯磨きをサボると、最後には歯がボロボロに!

 自分の歯を健康に保つために、毎日の歯磨きはとても重要です。基本的には、1日3回の食事のタイミングにあわせて、歯磨きも「朝・昼・夜」の3回行うという人が多いと思います。しかし中には、「忙しくて歯を磨く時間がない」「磨くのを忘れがち」「起床後、朝食の前にも磨くから…」「何か食べると歯を磨かずにはいられない」といったさまざまな事情や理由で、歯磨きの回数が「1日1〜2回」と少なかったり、逆に「1日4〜5回以上」と多かったりする人もいるようです。

 望ましい歯磨きの回数やタイミング、「少ない」「多い」回数がもたらし得る歯への影響について、高谷秀雄歯科クリニック(宇都宮市)院長で歯科医師の高谷秀雄さんに聞きました。

1回目は「起床後すぐの歯磨き」

Q.「1日1回」や「1日2回」といった、一般的に「少ない」とされる回数の歯磨きでは、歯へのどんな影響が考えられますか。

広告の後にも続きます

高谷さん「口内の環境は食事だけでなく、ストレスや喫煙などによっても悪化していきます。口内環境は適切な歯磨きによってリセットできますが、1日3回ならば多過ぎず、十分な効果が期待できると考えられます。それより回数が少ないと、口内環境が悪い時間が長くなるため、必然的にデメリットしかありません。

ただし、“食後の歯磨き”という習慣には、勘違いされやすいポイントが2つあります。1つ目は『起床後すぐの歯磨き』です。就寝中は口内環境が悪化しているので、起きたらまずリセットしましょう。つまり、『朝食を抜いたから』といっても歯磨きは必要なのです。『朝食は軽めに取る』という人が多いと思うので、起床後にしっかり歯磨きをして、朝食後には軽く歯磨きをする程度でよいでしょう。

そして2つ目は、『食後30分間は歯磨きを控えること』です。食後は口内が酸性に変化していますが、これは唾液の循環などによって30分程度で落ち着きます。酸性中に歯磨きをしても効果が薄れ、場合によっては悪化させてしまう恐れもあります」

Q.一方で、「1日4回」や「1日5回」、またはそれ以上といった、一般的に「多い」とされる回数の歯磨きについてはどうでしょうか。

高谷さん「何事も『過ぎたるはなお及ばざるがごとし』です。歯磨きにおいても質と量のバランスが大事であり、過度なブラッシングは歯肉(歯茎)を傷める恐れもあります。せっけんで頻繁に手を洗うと手荒れの原因になりますが、歯磨きも同じと考えると想像しやすいと思います。

また、歯科医師の目線で見ると、歯磨きが上手な人は少ないです。歯に問題が起きたときしか歯医者にかからない人が多いからかもしれませんが、虫歯になったことがある人はすなわち、歯磨き習慣に問題があるともいえます。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル