top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

東京都に眠っていた“20トンの有害物質”…PCB禁止から半世紀、「場所明かさない」を条件に極秘保管現場へ潜入!

SmartFLASH

 

「掲載時に住所を特定できないよう、外観写真の撮影はご遠慮ください」

 

 担当者に念を押されて向かったのは、都内の倉庫の一室。プラ製の容器の中身は、東京都主税局が厳重に保管している感圧複写紙(感圧紙)だ。

 

広告の後にも続きます

「容器の中身は税関連の申請書などで、約20トンあります。この倉庫には、2004年から収納しています」(担当者)

 

 

 事務作業用などで広く普及している感圧紙だが、かつては化学物質「PCB」が使用されていた。写真の容器も、開封は厳禁だ。PCBは、日本では1968年の「カネミ油症事件」を機に、1973年に法律で製造・輸入・使用が禁止されている。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル