top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「四角運命/アイビーダンス」は三月のパンタシアお得パックな3曲が詰まっている みあが語る楽曲への思い

SPICE

三月のパンタシア みあ 撮影:大塚正明


6月22日にメジャー8枚目のシングル「四角運命/アイビーダンス」をリリースした三月のパンタシア。そしてそのリリースに合わせて、6月24日から配信が開始される『Songful days Season2』にて、「ユアソング」の書き下ろし小説「多分、私たちひとりじゃない」とリンクした物語を展開している。それぞれが三月のパンタシアらしさが詰まった3曲への想いをみあに訊いた。

■「四角運命」は一歩踏み込んだ鋭い痛みみたいなものを歌った楽曲

――今回メジャー8枚目のシングル「四角運命/アイビーダンス」がリリースされます。この3曲(「ユアソング」)がまとまってどういう1枚になったのか。まずは簡潔に一言もらいたいと思います。

結構方々で言ってるんですけど、「三パシお得パック」になったなと思っています。

広告の後にも続きます

――その心は?

はい、1曲目の「四角運命」に関しては三パシの中でもロックな三パシを感じてもらえる1曲で、2曲目の「アイビーダンス」に関しては、ポップな三パシを楽しんでもらえる楽曲になりましたし、3曲目の「ユアソング」に関しては優しい三パシの肌触りを感じてもらえるかと。なのでロック・ポップ・優しさっていう三パシのいい所がそれぞれぎゅっと詰まった1枚になったなと思っていて。今感じて欲しい三パシがふんだんに詰まったシングルになっています。

――お得パックですか。では改めて1曲ずつお話をお聞きしていきます。「四角運命」はTVアニメ『カッコウの許婚』のエンディングテーマになっていますが、これは歌詞が先なんでしょうか? 曲が先なんでしょうか?

曲が先ですね。

――曲を聴いてから、『カッコウの許婚』の世界感も踏まえて歌詞を書かれたんですね。確かにロックな三パシというか、最初に聴いた印象は、歌うのも演奏も凄い難しいんじゃないかと。

バックの演奏が凄いことになってるんですけど、そういうテクニカルな部分もありつつ、色んな感情が絡まり合う、恋愛の複雑さ難解さみたいな部分もサウンドで表現されてる楽曲になったと思っています。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル