top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

日向坂46 二期生・渡邉美穂の卒業セレモニー開催~「私が5年間いたこのグループを、みなさんで守り続けてください」

SPICE

日向坂46「渡邉美穂 卒業セレモニー」より 渡邉美穂・小坂菜緒 (カメラ:上山陽介)



2022年6月28日(火)東京国際フォーラムホールAで、日向坂46の二期生メンバーである渡邉美穂の卒業セレモニーが行われた。

2017年8月、日向坂46の前身グループ・けやき坂46(ひらがなけやき)の二期生として加入した渡邉。同期の中では初の卒業生で、こうしたセレモニーが行われるのはグループで初めて。

開演前の影アナは、渡邉美穂とともに「ゴリゴリドーナッツ」というユニットを自称する富田鈴花、松田好花が担当。「ミホワタナベのラストダンスの始まりだー!」という合言葉とともに、会場にOVERTUREが鳴り響いた。

そしてけやき坂46時代から歌い継いでいる曲「ハッピーオーラ」のイントロが流れると、ステージ中央から渡邉が登場。すでに感極まりつつあるのか、涙を堪えるような表情を見せると、他のメンバーたちに合流してパフォーマンスを行なった。

広告の後にも続きます

(カメラ:上山陽介)


(カメラ:上山陽介)


歌い終えたメンバーは、一列に並んでMC。さっそくキャプテンの佐々木久美が「来てしまいました、この日が」と水を向けると、渡邉は「いや〜、実感沸かないですね」と応える。

佐々木美玲や宮田愛萌、山口陽世が、渡邉がいかにムードメーカーとしてグループを明るくしてくれていたのかを語る。

実は、日向坂46の全メンバーがコンサートでそろったのは久々。渡邉は、「ラストステージで奇跡のように全員が揃うのが、持ってるなーって思います」と少しおどけながらも、幸運に感謝した。

続いて、一期生の加藤史帆、三期生の上村ひなのからのメッセージVTRが流れる。ふたりは、渡邉とともに「リスペクトスリー」というユニット名で楽曲「やさしさが邪魔をする」を歌っているメンバー。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル